Eat

グルマン温故知新:表参道〈デンクシフロリ〉トップレストランの味を串料理で気軽に

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

デンクシフロリ(表参道)

トップレストランの味を串料理で気軽に。

実力に加え、意外性に満ちたプレゼンテーションにかけては右に出る者ナシ。〈傳〉長谷川在佑シェフと〈フロリレージュ〉川手寛康シェフのことだが、2人で串料理の店を開くとは!

串に着目したのは、マナー要らずの気軽さで、焼き鳥から屋台のホットドッグまで誰もが親しみや懐かしさを覚えるものだから。ブーダンノワールの“串揚げ”を筆頭に、イワシ団子にレバームース、がんも串にキャロットラペと、コース全皿に和仏の仕事がハーフ&ハーフ。

腕と意気込みを買われシェフに抜擢された森田祐二さんがフルオープンの厨房を駆け回り、〈フロリレージュ〉出身の女将・橋本恭子さんの接客が和やかな空気を作る。

ナチュラルワインや日本酒を軸に、青魚には柑橘のサワー、炊き込みご飯にお茶割りと、自由なペアリングも新しい。トップガストロノミー発のコンフォートな居酒屋。2021年のファインダイニングの行方を占ううえでも注目の一軒だ。

表参道〈デンクシフロリ〉シェフの森田祐二さん。
北海道出身、道内のイタリアンやオーベルジュで研鑽を積んだ森田シェフ。
表参道〈デンクシフロリ〉店内
オープンキッチンを囲むコの字カウンターのみ。

連載一覧へ