Eat

グルマン温故知新:練馬春日町〈コンビニエンスストア髙橋〉飲めて、買えて、くつろげる、次代のコンビニ

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

コンビニエンスストア髙橋(練馬春日町)

飲めて、買えて、くつろげる、次代のコンビニ。

カウンターには焼きたてのパンが並び、スープやカレーとのセットはイートインでも、テイクアウトでも。店内ではナチュラルワインやクラフトビールを昼から楽しめ、スペシャルティコーヒーは豆も販売。パンだけ買いに、ワインを一杯だけ、もオッケーだ。進化を遂げつつ、東京の隅々まで拡張する自由な酒場。その最前線。

夫の髙橋諒自さんがパンを焼き、妻のネイトさんが料理を担当。国産小麦の生地で焼く香り豊かなパンは、それだけでいい酒のアテに。高知〈ファーム・ベジコ〉の野菜をたっぷり使い、酸味やスパイスでメリハリを利かせた料理とも引き立て合う。

諒自さんは、サーフィン目当てに3年暮らしたオーストラリアのバイロン・ベイでベジタリアンフードやローフードに出会い、食の道を志したのだとか。聞いて納得、コンビニというより食堂と商店を兼ねた海の家のよう。穏やかで健やかな空気に、夫妻の人柄がにじみ出ている。

練馬春日町〈コンビニエンスストア髙橋〉髙橋諒自さん(左)とネイトさん。
仲のいい友人同士のような諒自さん(左)とネイトさん。
練馬春日町〈コンビニエンスストア髙橋〉店内
内装からステンドグラスなどの装飾まで、親族総出で手がけた。

連載一覧へ