Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:船堀〈チェスト船堀〉あの手この手で、パンをもっとおいしく

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

チェスト船堀(船堀)

あの手この手で、パンをもっとおいしく。

「ブルスケッタは寿司、サンドイッチは丼、煮込みとパンは定食だと思うんですよね」と聞いて、なるほど、と納得。13品前後のメニューのうち、10品近くがこのいずれか。「パンを食べて」という熱が伝わってくる。

〈パーラー江古田〉や〈清澄白河フジマル醸造所〉でパン作りとワイン、料理を学んだ西野文也さんが開いた“パン屋角打ち”。パンやワインの買い物だけでもオッケー、ブルスケッタをつまみに軽く一杯も、煮込みとワインでちゃんと食事もありだ。

5~6種の国産小麦をパンに合わせて使い分けているのもユニーク。福岡産ミナミノカオリのカンパーニュは甘味にミルキーさがあり、東京産の柳久保小麦のふすまパンは、クラストが醤油せんべいのよう。肉、卵、野菜の旨味をストレートに生かしたサンドイッチの具材や煮込みをガシッと受け止め、ワインが止まらなくなる。東京の東の端っこに、新しい人の流れを生む店になりそうだ。

船堀〈チェスト船堀〉西野文也さん
西野さん。「チェスト」は鹿児島弁で気合を入れる際の掛け声で〈パーラー江古田〉時代のあだ名。
船堀〈チェスト船堀〉店内
陳列台がカウンター。

連載一覧へ