Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:飯田橋〈BISITO〉南仏ニースの料理に特化し激戦区で勝負

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

BISITO(飯田橋)

南仏ニースの料理に特化し激戦区で勝負。

昨年、23年の歴史に幕を下ろした神楽坂のスペイン料理店〈エル・カミーノ〉で7年、店の顔として厨房で腕を振るってきた伊藤洋平シェフが毘沙門天裏に小さなビストロを開いた。実は伊藤シェフ、それ以前はフレンチ畑で十余年修業を重ねた料理人。「スペイン料理店を」と乞われる声もあった中でのビストロ開業は、これまでの師匠やスペイン料理一筋のプロフェッショナルに対する敬意から。

メニューは4年の修業時代を過ごしたニースの料理に絞った。飴色タマネギをパイ生地にのせたピサラディエールなどの伝統料理を、フィンガーフードスタイルで名刺代わりのアミューズに。ボリューム満点のサラダニソワーズやオレンジが香るトリップ ア ラ ニソワーズも、フレンチ激戦区・神楽坂の食べ慣れた客には馴染みの味。ハーブや柑橘で奥行きや広がりを感じさせつつ、塩と火入れに迷いがない味にキャリアを感じる。熟練のニューフェイスの登場だ。

飯田橋〈BISITO〉シェフの伊藤洋平さん
伊藤シェフ。料理からサービスまですべて1人でこなす。
飯田橋〈BISITO〉店内
カウンター中心。エントランス脇には小さなテラスもある。

連載一覧へ