Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:広尾〈au deco〉クラシックな料理の魅力を咀嚼して今に伝える

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Shin-ichi Yokoyama / Text: Haruka Koshihara

連載一覧へ

au deco(広尾)

クラシックな料理の魅力を咀嚼して今に伝える。

魚介に特化したフレンチ〈Äta〉、フォトジェニックなスパイスカレーの〈Good Luck Curry〉など、これまで比較的カジュアルな業態の店を手がけてきたシェフ、掛川哲司さん。が、経歴を紐解くと、実は〈オーベルジュ・オー・ミラドー〉〈NARISAWA〉など、フレンチの名店で修業を積んでいる。

そんな掛川さんが、40代突入を機に原点回帰ともいうべき、クラシックなフランス料理の魅力を紐解く店を開いた。「スープ」のカテゴリーが独立していたり、フランス料理の技法の結晶ともいえる「パイ包み焼き」が常にメニューにあったり。「自分がこの世界に入った頃に憧れた、フレンチのエスプリを感じさせる店が少ない今、師の教えを若い世代に伝えたい」という思いが出発点だ。古酒に力を入れているのも同様の理由。

「古典そのままだと“博物館”になっちゃう」から独自の感性も加えつつ、食後感はあくまで香り高く緻密なフランス料理だ。

広尾〈audeco〉シェフの掛川哲司さん
「フランス料理はロマン!」が持説の掛川さん。
広尾〈audeco〉店内
落ち着きのあるインテリアと抑えめの照明の下、名陶の器が映える。

連載一覧へ