Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:曙橋〈曙橋かず〉名店譲りの技と心。実力のある普段着の和食

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Yoichiro Kikuchi / Text: Mamiko Kume

連載一覧へ

曙橋かず(曙橋)

名店譲りの技と心。実力のある普段着の和食。

店主の松尾和也さんは、恵比寿の名店〈和の食 いがらし〉の出身。独立したてで初々しさが残るものの、基礎からきっちり磨き上げた腕前は折り紙付き。「日本料理で用いる食材をところどころ織り交ぜながら、若い世代が肩肘張らずに味わえる気軽な和食を」との心意気だ。

品書きに並ぶのは、新鮮な旬魚のお造りに前菜。温物には鱧とじゅん菜のお椀や太刀魚の塩焼、穴子の天ぷらなど、正統の品々がアラカルトで並ぶ。修業時代から「炊きに炊いた」という土鍋ごはんは、シグネチャーメニュー。信頼する精米店がブレンドする古式精米製法の米は風味もよく、食感も抜群。旬の味覚が満載の“ごちそう”は、食事の締めを晴れやかに飾る。日本酒の品揃えも申し分なく、晩酌を楽しむにも好都合だ。

ゆくゆくは裏メニューで、メンチカツやラーメンにも挑戦したいとも。和食&酒場激戦区で期待の新星が、どう出るか。本気なだけに気持ちがはやる。

曙橋〈曙橋かず〉 店主の松尾和也さん
店主の松尾和也さん。巧みな器使いは、師匠譲り。
曙橋〈曙橋かず〉店内
店内はカウンターをメインに6名まで利用可能な大テーブルも用意。

連載一覧へ