Watch

シネマコンシェルジュの映画監督論:SYO「ずば抜けた映像センスと、繊細な人物描写に惹かれる。」

巨匠から新鋭まで、素晴らしい監督たちが次々と登場する今、観るべき監督を知るには、やっぱり信頼できる映画通の後ろ盾が欲しいもの。独自の審美眼で映画シーンを追いかけ続ける30人に頼ることに。

Illustration: Thimoko Horiguchi / Text: Yoko Hasada, Aiko Iijima, Saki Miyahara, Konomi Sasaki / Edit&Text: Emi Fukushima

映画好きSYOへ7つの質問

Q1

あの監督の虜になった名シーンは?

SYO

ガス・ヴァン・サント監督『エレファント』の空の描写や李相日監督『スクラップ・ヘブン』のラスト等、数え切れません。

Q2

好きな監督のベスト作品は?

SYO

来年公開の藤井道人監督の新作『ヤクザと家族 The Family』。作品ごとに進化する才人です。映像センス、ストーリーテリングに演出力とさらに突き抜けた印象。

Q3

好きな監督のイマイチだった作品は?

SYO

特に思い至らないですが、オールドファン的にハマれない場合、裏を返せば新しい表現やジャンルを開拓しているという、むしろ良いことにも思います。

Q4

最近になって魅力的に感じるようになった監督は?

SYO

質問からズレるかもしれませんが、『ハングオーバー!』の監督、トッド・フィリップスの『ジョーカー』は衝撃でしたし、タイカ・ワイティティの『ジョジョ・ラビット』も突き刺さりました。

Q5

あの監督に撮ってほしい、意外なテーマは?

SYO

藤井道人監督のスポーツ映画は絶対にエモいはず。意外ではないかもしれませんが、黒沢清監督が撮る宗教や信仰、また動物をどう撮るかも気になります。

Q6

個人的に今気になっている監督は?

SYO

『母の残像』『テルマ』のヨアキム・トリアーは、価値観を変えられた大好きな映画監督。映像に“思い”がこもっていて、観るたびに感情を持っていかれます。

Q7

将来が楽しみな次世代の監督は?

SYO

映画配給・製作会社A24の作品が大好きなのですが、彼らが連れてくる新鋭監督が軒並み天才ばかり。アリ・アスターにロバート・エガースに……。A24ブランドに注目しています。

2010年以降の「この監督のこの一本」。
マイク・ミルズの『人生はビギナーズ』

観賞者を包み込む、温かく美しい作品世界。

映画を観ていると、ごく稀に「この作品に出会うために生きてきたんだ」と思える瞬間があります。また、「この作り手が見ている世界の色は、自分と同じだ」と感じられて、心を丸ごと救われる時もある。僕にとって『人生はビギナーズ』は、その両方が訪れた作品でした。端的に言えば「一人じゃない。理解者がいる」と勇気づけられたのです。

本作は、ゲイをカミングアウトした父と、余命わずかな父の遺された日々を見守った息子(と愛犬)の物語。マイク・ミルズ監督はCMやMVも手がけ、デザイナーやアートディレクターとしても活躍する人物。美的センスがずば抜けている(モノローグの中に、スライドショーを挟む演出が特徴的です)のですが、僕がほっとしたのは「孤独の描き方」。

淡々と穏やかで、なのに寂しい。少しくすんだ色調と、ぽつぽつと紡がれるテンポ、緩やかなトーン。ユアン・マクレガー演じる息子のまなざし。父の愛犬との一方通行の対話。作品が持つ“体温”が、自分と全く同じでした。多分こんな映画には、もう会えないと思います。数少ない、「生涯共に歩んでいきたい」作品です。