Watch

シネマコンシェルジュの映画監督論:施川ユウキ「映画世界にグッと引き込む監督たちの圧倒的パワーに白熱。」

巨匠から新鋭まで、素晴らしい監督たちが次々と登場する今、観るべき監督を知るには、やっぱり信頼できる映画通の後ろ盾が欲しいもの。独自の審美眼で映画シーンを追いかけ続ける30人に頼ることに。

Illustration: Thimoko Horiguchi / Text: Yoko Hasada, Aiko Iijima, Saki Miyahara, Konomi Sasaki / Edit&Text: Emi Fukushima

映画好き施川ユウキへ7つの質問

Q1

あの監督の虜になった名シーンは?

施川ユウキ

湯浅政明監督『マインド・ゲーム』で主人公たちがクジラから脱出するシーン。生きる気力を失った時に観ると、「生きねば」という意志が湧いてきます。

Q2

好きな監督のベスト作品は?

施川ユウキ

ポール・ヴァーホーヴェン監督の『スターシップ・トゥルーパーズ』。青春あり、お色気あり、アクションあり、グロ描写あり、SFとして素晴らしいうえに、プロパガンダ映画のパロディとしても皮肉たっぷりで最高です。

Q3

好きな監督のイマイチだった作品は?

施川ユウキ

デヴィッド・フィンチャー監督の『ドラゴン・タトゥーの女』。スウェーデン版を先に観ていたせいか、「移民の歌」のオープニング以外あまりフレッシュに感じられませんでした。

Q4

最近になって魅力的に感じるようになった監督は?

施川ユウキ

ジム・ジャームッシュ監督。若い頃に観てピンとこなかったのですが、『パターソン』にグッときて、観直したくなりました。

Q5

あの監督に撮ってほしい、意外なテーマは?

施川ユウキ

静野孔文監督に『ワイルド・スピード』シリーズを。もともとそういうのをやりたかった人でないかと思うので意外じゃないかも。

Q6

個人的に今気になっている監督は?

施川ユウキ

世の中的な注目度がどのくらい高いのかわからないのですが、個人的にもっと注目されてほしいのは、山戸結希監督です。

Q7

将来が楽しみな次世代の監督は?

施川ユウキ

『メランコリック』の田中征爾監督。設定のアイデアで観させるタイプの映画と思ったら、脚本の後味が良く、キャラ作りもうまくて、とにかく次の作品が観たくなりました。

2010年以降の「この監督のこの一本」。
静野孔文の『名探偵コナン 純黒の悪夢』

コナン映画を“ワイスピ”さながらに化けさせた立役者。

 劇場版コナンは、いつの間にかミステリ映画からトンデモアクション映画に変わってしまったと、一部で言われている。実際ミステリ要素はちゃんとあるのだけど、アクションの印象が強すぎるのも確かだ。ハリウッド監督を目指しLA留学した経歴を持つ静野孔文監督によるところが大きいのだろう。

3代目コナン監督の彼は、7作にわたりスクリーン映えするアクション&スペクタクル映像を作り続け、今のコナン映画の方向性を決定づけた。その真骨頂が『純黒の悪夢』だ。

本作にミステリ要素はほぼない。冒頭のカーチェイスのダイナミックさは『ワイルド・スピード』級。ワイスピといえば、地味な車映画からトンデモアクション大作に変わり大ヒットシリーズとなったが、コナンも似た流れでドル箱映画に化けた(もちろん原作の力が大きいのは前提で)。

今や、映画におけるコナンはドウェイン・ジョンソンだと思っていいし、ロジックの雑さもワイスピだと思えば気にならない。もはやそう思うしかない。『純黒』を語る文字数が足りないが、オスプレイから銃撃を受け転がりだす巨大観覧車をめぐるクライマックスは必見です。