Watch

シネマコンシェルジュの映画監督論:小川紗良「女性の生きざまを描く、脚本や演出に驚きがある監督を追う。」

巨匠から新鋭まで、素晴らしい監督たちが次々と登場する今、観るべき監督を知るには、やっぱり信頼できる映画通の後ろ盾が欲しいもの。独自の審美眼で映画シーンを追いかけ続ける30人に頼ることに。

Illustration: Thimoko Horiguchi / Text: Yoko Hasada, Aiko Iijima, Saki Miyahara, Konomi Sasaki / Edit&Text: Emi Fukushima

映画好き小川紗良へ7つの質問

Q1

あの監督の虜になった名シーンは?

小川紗良

エドワード・ヤン監督の『ヤンヤン 夏の想い出』で、ヤンヤンが恋に落ちるシーンです。スクリーンに照らされた少女のシルエットや、呆然と見つめるヤンヤンの表情が、恋に落ちることのすべてを表現していると思います。

Q2

好きな監督のベスト作品は?

小川紗良

庵野秀明監督初の実写作品である『ラブ&ポップ』はアニメと変わらぬ独特なショットやテンポ感でありながら、時代の空気やキャストの心情を映すドキュメンタリー性も高くて好きです。

Q3

好きな監督のイマイチだった作品は?

小川紗良

エリック・ロメール監督の『満月の夜』は大好きなロメール作品でもあまりピンとこなかったのですが、もう少し年をとったらわかるようになる気もします。

Q4

最近になって魅力的に感じるようになった監督は?

小川紗良

トラン・アン・ユン監督の『青いパパイヤの香り』を高校時代はぼんやりと観ていたのですが、最近観直したらカメラワークの美しさや、家族や格差の描き方など素晴らしかったです。

Q5

あの監督に撮ってほしい、意外なテーマは?

小川紗良

山戸結希監督の撮るSFが観てみたいです(いつも監督の作品には宇宙を感じますが)。

Q6

個人的に今気になっている監督は?

小川紗良

今年のPFFで出会った関麻衣子監督のドキュメンタリー映画『MOTHERS』に度肝を抜かれ、今後の活動も注目しています。

Q7

将来が楽しみな次世代の監督は?

小川紗良

私も駆け出しの映画監督なので、初長編監督作の公開を楽しみにするとともに、これからも粛々と丁寧に映画作りを続けていけたらと思います。

2010年以降の「この監督のこの一本」。
グレタ・ガーウィグの『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

女性の幸せや生きざまの多様性に、切実な祈りを捧げる人。

現代を生きる女性として、もの作りに関わる人間として、生涯お守りにしたいと思える作品です。不朽の名作『若草物語』がその良さを残しながら、作家、グレタ・ガーウィグの祈りとして見事に昇華されていて、時代も文化も超えて私の胸に突き刺さりました。

時間軸を複雑に交ぜつつハッとするような展開を作る脚本術や、細やかで美しい美術、潔い編集のテンポなど、映画そのものが主人公ジョー、そしてグレタ・ガーウィグの優しさと勇ましさにあふれています。

前作『レディ・バード』から続く主演シアーシャ・ローナンとのタッグにも2人の強い信頼関係が感じられ、戦友ともいえる彼女たちの紡ぎ出す世界をこれからもずっと観続けたいです。グレタ・ガーウィグの出演作『フランシス・ハ』や『20センチュリー・ウーマン』にも通じますが、彼女は映画を通して女性の幸せや生きざまの多様性に切実な祈りを捧げている人だと思います。

私も監督・役者として映画に携わる身なので、まだまだ遠い存在ですが、彼女のように誰かのお守りとなるような映画を作りたいです。