Watch

シネマコンシェルジュの映画監督論:加藤るみ「新作から過去作へ、監督の軌跡を通してタイムトラベル。」

巨匠から新鋭まで、素晴らしい監督たちが次々と登場する今、観るべき監督を知るには、やっぱり信頼できる映画通の後ろ盾が欲しいもの。独自の審美眼で映画シーンを追いかけ続ける30人に頼ることに。

Illustration: Thimoko Horiguchi / Text: Yoko Hasada, Aiko Iijima, Saki Miyahara, Konomi Sasaki / Edit&Text: Emi Fukushima

映画好き加藤るみへ7つの質問

Q1

あの監督の虜になった名シーンは?

加藤るみ

ドリュー・バリモアの初監督作『ローラーガールズ・ダイアリー』より、エレン・ペイジ演じる主人公が初恋の相手と繰り広げるプールでの水中キスシーン。後世に語り継ぐべき名シーンです。

Q2

好きな監督のベスト作品は?

加藤るみ

ウディ・アレン監督『ローマでアモーレ』。シニカルなセリフ回しには“ウディ・アレン節”が効いています。ヨーロッパ編で一番好きな作品で、ここからさらにキレが増した気がします。

Q3

好きな監督のイマイチだった作品は?

加藤るみ

同じくウディ・アレンの『マッチポイント』。結末に救いようがなくて、お馴染みのシニカルなユーモアも感じられず……。大好きなスカーレット・ヨハンソンにも不思議とグッときませんでした。

Q4

最近になって魅力的に感じるようになった監督は?

加藤るみ

今までソフィア・コッポラの作品はいまいちハマらなかったのですが、新作『オン・ザ・ロック』で射貫かれました。今まで浮世離れしていた“ソフィアだけの物語”が“私たちの物語”に開かれたという感動がありました。

Q5

あの監督に撮ってほしい、意外なテーマは?

加藤るみ

タイカ・ワイティティ監督にゾンビ映画を撮ってほしいです。

Q6

個人的に今気になっている監督は?

加藤るみ

デスティン・ダニエル・クレットン監督です。

Q7

将来が楽しみな次世代の監督は?

加藤るみ

ジョー・タルボット監督。『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』で長編デビューをしたのですが、貧困や人種問題などの社会の二面性を圧倒的画力で語り、デビュー作とは思えない貫禄。もはや巨匠の風格です。

2010年以降の「この監督のこの一本」。
ジョナサン・レヴィンの『ロング・ショット僕と彼女のありえない恋』

コメディ監督の才能が花開いた、新時代のラブコメ。

2020年1発目に観て、ここまで直球で面白いラブコメ、最近あったかな?と思うほど衝撃を受けました。物語は才色兼備のバリキャリウーマンと、失業したばかりの金なし地位なしのダメ男のよくある格差恋愛パターン。

なのですが、2人は「愛の力」という大義名分でご都合主義的に結びつくのではなく、価値観や信念がしっかりと合致していき、最終的にはぐうの音も出ないほどお似合いなカップルに変わっていきます。途中から「彼はもともとデキル男だったんじゃないか⁉」と思えてくるから不思議。新時代のラブコメを観たような気がしました。

監督のジョナサン・レヴィンは、ゾンビと人間の恋愛を描いた『ウォーム・ボディーズ』や、旅行中に拉致監禁された母娘の七転八倒な顛末を描いた『クレイジー・バカンス ツイてない女たちの南国旅行』などのゴリゴリのコメディ作品で才能の片鱗を見せていました。そして本作にもおバカ要素や下ネタは健在。今年の監督ダークホース賞を勝手に贈呈したいです。

まだ始まったばかりの2020年代、これを超えるラブコメが生まれるのか、期待が止まりません!(談)