Feel

4月15日〜4月21日の運勢。日常をちょっと良くするコツ【ブルータス週間占い】

占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。毎週月曜8時更新。

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

連載一覧へ

今週の全体の空模様

生きること、食べること

懐石は「枡半」がいい、洋食は「アリタリア」がおいしいと利いた風な口を利き、それも本当なのだが、本音を吐けばこれはよそゆきで、普段着の姿はオムレツにソースをかけて食べ、精進揚げの残ったのを甘辛く煮つけたのが大好きなのである。気取ったことを言ったところで、お前の出性は味醂干しだぞという声が天の一角から聞こえるような気がするのである。
──向田邦子 『眠る盃』

今週、太陽が18日まで牡羊座エリアの後半部分を運行しています。同じ牡羊座エリアで、逆行中の水星(コミュニケーション・情報)と金星(愛と美)が互いに近づき合い、重なろうとしています。それによって、自分の内側にある喜びの原点に触れ、初心に立ち返れそうです。

先週に引き続き、魚座エリアの火星(闘争・トラブル)と土星(試練・責任)が重なっているので、人々の中で不安な気持ちが膨らみそうです。出会った相手を信用しづらいと感じたり、世に出ている情報を疑ったりする人が多くなるときです。社会的に重要な立場にある人の無責任な言動が目立って見えるタイミングです。

18日、牡牛座エリアで天王星(改革・刷新)と木星(成長・拡大)が重なります。価値観、特に働き方についての考えに変化が起きやすいときです。世の中をどんどん進化させる最先端技術が普及し、多くの人の生活が豊かになっていくでしょう(逆に、経済の大きな変動などで暮らしが変わることもあり得そうです)。

19日の夜中に太陽は牡牛座エリアに入ります。この時期は、古来、牛に犂(すき)をはめて本格的に畑仕事を始める季節にあたります。そのため、ゆっくりと、しかししっかりと土を起こしながら進む牛の力強い姿が、牡牛座のイメージとして定着していきました。また、畑を耕して食糧を得るという営みから、牡牛座には物資的な豊かさや実用性、所有、備蓄といった意味も付されています。さらに、身体性そして身体的な欲求(食欲・性欲など)、自然由来の美しいもの、五感で味わう快適さとも、牡牛座は結びつけられています。

今週、そうした牡牛座の性質を帯びた太陽と冥王星(破壊と再生)が激しくぶつかり合います。それにより、格差社会や環境破壊、食糧問題について議論が交わされるかもしれません。生きることとは、すなわち食べること。しかし、それが何よりも大切なことであるにもかかわらず、享受できていない人が世界にはいるということ。こうしたテーマに関して、抜本的な改革が進みそうなときでもあります。

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

断捨離推奨

持ち物の整理やメンテナンスをしたい週。決断力が高まっているので、断捨離が進むでしょう。仕事では、今までとは違う選択をすることになるかもしれません。

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

何を食べて生きていくのか

「自分の可能性」についてしっかりと考えられそうです。困難を乗り越えたところから“運命的な仕事”へ繋がっていくでしょう。自分には何ができるのか、原点に立ち返るとき。

双子座(5月21日~6月21日生まれ)

芽吹きを待つ

誠実さで困難を乗り越えるとき。今は、自分のできることを増やしておく準備の期間です。牡牛座に入った太陽が隠れた場所での成長を応援してくれるでしょう。

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

飲む / PR

蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

手を取り合って

「誰と仲間になるか」を考え、相手を選ぶと、その選択が自己改革を促してくれるでしょう。今週から、仲間としっかり協力態勢を取れる1カ月が始まります。

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

直感を信じて

転勤や転職について、この方向ならば!と決意できれば扉は開いていきます。大きな仕事が来たら、飛躍のチャンスと思って挑戦してみましょう。

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

天意を聞いて進む

今後の方向性を明確にできるタイミング。直感力が上がり、やりたいことがスムーズに進められるでしょう。新たな発見も増えそう。

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

着る / PR

天秤座(9月23日~10月23日生まれ)

ご褒美と労働

人のフォローや雑用で忙しくなりそう。プレッシャーを感じるような役を任されるかもしれません。19日以降は人からの指図に対して反発心が湧き上がってきそうです。

蠍座(10月24日~11月22日生まれ)

本音を大事に

曖昧な関係に決着をつける話し合いができるとき。怒りはクリエイティブなパワーへ昇華を。契約内容にまつわる不満を解消するチャンスも訪れます。

射手座(11月23日~12月21日生まれ)

スピードを緩めて

遊びの場で懐かしいものを見つけられそう。少しのんびりしてみましょう。効率良く仕事をするための工夫もひらめきそうです。

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

飲む / PR

山羊座(12月22日~1月19日生まれ)

肩の力を抜いて

自らに課していた制約を外して自由に動いていけそうです。遊びの時間も取れるでしょう。生き生きとするためにエネルギーを使うことがテーマになります。

水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)

僕が僕であるために

知り合いの紹介でどんどん社交の輪が広がりそうです。「ここであれば健やかに過ごせる」と居場所を定めていけるとき。人生の転機も訪れるかもしれません。

魚座(2月19日~3月20日生まれ)

いつでも生まれたての心で

理想の自分になれない悔しさを抱えてしまいそう。モヤモヤした気持ちはすぐにゴミ箱に捨てましょう。新しい習い事を始めると、運気の歯車と噛み合いそうです。

4月8日〜4月14日の運勢。日常をちょっと良くするコツ【ブルータス週間占い】

ディレクターの上村直人さん(左)と、PRオフィス〈KIIIRO〉を運営する大倉皓平さん(右)

大橋会館に集う9人が身に纏う、9枚のグレーTシャツ《New Balance Grey 9BOX》

着る / PR

連載一覧へ