Feel

4月15日〜4月21日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の水瓶座(1/20〜2/18生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

水瓶座の星模様

僕が僕であるために

週前半、18日までは太陽が牡羊座エリアを運行し、同エリアで逆行中の水星(交流)は金星(愛と喜び)と重なります。以前からの知り合いにその知り合いを紹介され、その人がまた別の知り合いを……というように、社交の輪が大きくなるときです。

先週から引き続き、魚座エリアを運行する火星(トラブル)と土星(試練)の2天体が重なっている影響が強く出ています。水瓶座にとって魚座エリアは「自己肯定感」を意味する場所です。

自分に対して不甲斐なさを感じたり、自尊心が挫けることがあるかもしれません。それでも「今見せられる最大限の誠意」を意識し、折れない心でいることが大切です。

牡牛座エリアでは、18日に、4月初旬からじわじわと距離を縮めていた木星(成長・拡大)と天王星(改革)の2天体が重なります。自分の帰属先をどこにしたいのかよく考え、「ここであれば健やかに過ごせる」と居場所を定めていけるでしょう。

19日の夜中に太陽は牡牛座エリアに入ります。水瓶座にとってここは「家族と家庭の部屋」であり、基盤や帰属コミュニティを表す場所です。今週から1カ月は、心身ともに健やかに生きるために、足元を固めていくことがテーマになります。

さらに太陽と冥王星(破壊と再生)が“殴り合い”の角度と取ることから、人生の転機が訪れそうです。転職や退職、引っ越し、結婚、離婚といったことを考えていた人は、実際に動き出せるでしょう。

今週の全体の空模様

生きること、食べること

懐石は「枡半」がいい、洋食は「アリタリア」がおいしいと利いた風な口を利き、それも本当なのだが、本音を吐けばこれはよそゆきで、普段着の姿はオムレツにソースをかけて食べ、精進揚げの残ったのを甘辛く煮つけたのが大好きなのである。気取ったことを言ったところで、お前の出性は味醂干しだぞという声が天の一角から聞こえるような気がするのである。
──向田邦子 『眠る盃』

今週、太陽が18日まで牡羊座エリアの後半部分を運行しています。同じ牡羊座エリアで、逆行中の水星(コミュニケーション・情報)と金星(愛と美)が互いに近づき合い、重なろうとしています。それによって、自分の内側にある喜びの原点に触れ、初心に立ち返れそうです。

先週に引き続き、魚座エリアの火星(闘争・トラブル)と土星(試練・責任)が重なっているので、人々の中で不安な気持ちが膨らみそうです。出会った相手を信用しづらいと感じたり、世に出ている情報を疑ったりする人が多くなるときです。社会的に重要な立場にある人の無責任な言動が目立って見えるタイミングです。

18日、牡牛座エリアで天王星(改革・刷新)と木星(成長・拡大)が重なります。価値観、特に働き方についての考えに変化が起きやすいときです。世の中をどんどん進化させる最先端技術が普及し、多くの人の生活が豊かになっていくでしょう(逆に、経済の大きな変動などで暮らしが変わることもあり得そうです)。

19日の夜中に太陽は牡牛座エリアに入ります。この時期は、古来、牛に犂(すき)をはめて本格的に畑仕事を始める季節にあたります。そのため、ゆっくりと、しかししっかりと土を起こしながら進む牛の力強い姿が、牡牛座のイメージとして定着していきました。また、畑を耕して食糧を得るという営みから、牡牛座には物資的な豊かさや実用性、所有、備蓄といった意味も付されています。さらに、身体性そして身体的な欲求(食欲・性欲など)、自然由来の美しいもの、五感で味わう快適さとも、牡牛座は結びつけられています。

今週、そうした牡牛座の性質を帯びた太陽と冥王星(破壊と再生)が激しくぶつかり合います。それにより、格差社会や環境破壊、食糧問題について議論が交わされるかもしれません。生きることとは、すなわち食べること。しかし、それが何よりも大切なことであるにもかかわらず、享受できていない人が世界にはいるということ。こうしたテーマに関して、抜本的な改革が進みそうなときでもあります。

4月8日〜4月14日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

音楽家・荒谷翔大

ソロの道を歩み始めたミュージシャン・荒谷翔大が着る〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉

着る / PR