Eat

Eat

食べる

今日のギフト:〈小竹製菓〉の笹だんごパン

あの人の笑顔が見たい。お世話になっている友達や家族、恋人に贈りたい、ちょっと楽しいプレゼントを毎日紹介。前回の「〈ミニマムデザイン〉の鉢」も読む。

photo: Shu Yamamoto / edit&text: Yoko Fujimori

連載一覧へ

パンダを愛するあの人へ
新潟愛が詰まった郷土菓子の新名作

〈小竹製菓〉の笹だんごパン

大正13年創業、新潟・上越市の老舗パン店〈小竹製菓〉。「地元・上越を盛り上げたい」という思いから考案されたこちらは、新潟名物の笹団子をパンで包むという想像を超えた一品。しかし笹団子はあんもヨモギを練り込んだ餅も自家製、それを上越産コシヒカリの米粉生地で包んだ味わいは、モッチリしっとり、驚きのおいしさなのだ。極力無添加にこだわり、餅の柔らかさを長持ちさせる酵素も添加せず、二度蒸しして食感を保つなど、すべてに心遣いがあるからこその味わいだ。

そしてパンダはよく見ると笹柄だったり、笑みを浮かべた口元は女将自ら描いていたり……と、とことん愛らしさを追求したプロダクトデザインも心を打つ。これぞ細部まで新潟愛があふれる名品!袋詰めもすべて手作業のため、生産量は1日1200個が限界。入手に少々時間がかかる場合も、愛を持って待とう。

1個260円。(地域により多少変動あり)*通販の場合は5個2,980円(送料込み)など。

連載一覧へ