Listen

Listen

聴く

さとうもかの選ぶ歌謡曲。クセのある歌詞が、強く耳に残る名曲たち

歌は世につれ、世は歌につれ。昭和から令和まで私たちとともにある歌謡曲。さとうもかさんが選ぶ3曲は?(コロナが明けたら)これ持ってカラオケへGO!GO!

Text: Moka Sato

1.「買い物ブギー」笠置シヅ子

笠置シヅ子「買物ブギー」
作詞:村雨まさを 作曲・編曲:服部良一/1950

もともと昔のジャズが好きで、コーラスグループなどを調べるうちに辿り着いたのが、それらの日本語バージョン。そこから歌謡曲も聴くように。

「買物ブギー」は、これまで聴いたことがなかった感覚の歌詞が面白くて。歌の最後に「オッサン オッサン」とずーっとまくし立てたり、「海老に穴子にキスにシャコ」と魚の名前を歌ったりする。「わて」など昔の大阪弁も粋で語呂が良く、曲のリズムを作り上げているのがいいなと思いました。

2.「どてらい女」憂歌団

憂歌団「どてらい女」
作詞:沖てる夫 作曲:内田勘太郎 編曲:憂歌団/1976

「どてらい女」は、日活の映画『赫い髪の女』が名作と聞いて友達と観て、劇中で曲が流れて以来、ハマりました。これもまた「あんた」や「どてらい」など、今はあまりない言い回しが強く残って、歌もシブくてカッコいい!

3.「君は薔薇より美しい」布施明

布施明「君は薔薇より美しい」
作詞:門谷憲二 作曲・編曲:ミッキー吉野/1979

「君は薔薇より美しい」は、友達が車で急にサビの「変わった〜」のところだけ、めちゃ大声で歌ってて、え、なにその曲⁉というのがうっすらと記憶にあったんです。

そしたら数年前、食事していた店でこの曲のイントロが流れ始めて、陽気で楽しすぎると思って聴いていたら「変わった〜」のところで、この曲だったんだとつながった。聴くのも楽しいし、歌うのも本当に気持ちよくて。自分の中では「マツケンサンバ」の仲間で、ワクワクする曲の中でもトップを争う一曲です。

3曲ともちょっとクセがあって、さらっとは聴き流せないところに引っかかったのかもしれません。自分もそんな曲を作りたいなと思いますね。