Eat

自分史上最多ごはん:〈意気な寿し処阿部六本木店〉の 「はらすの裏巻」

自分史上最多ごはん。それは文字通り、これまでの人生で、最もたくさん食した料理のこと。食通が繰り返し食べずにはいられない偏愛メニューとは?前回の〈フォーク バーガーズアンドビアーズ〉の 「ゴーダミソミートバーガー」も読む。

Text: Haruka Koishihara

連載一覧へ

三浦崇宏さんの自分史上最多ごはん

ゲリラ的な仕事を支えてくれる、
心強い仲間のような店の名物。

博報堂の若手だった10年前は、深夜まで働くのが当たり前だった。大きなプレゼンを控えたある日の夜中、先輩が「景気づけに寿司でも食うか」と連れていってくれたのが初めての〈阿部〉体験。六本木で早朝までやっているうえおいしいお寿司がいただける、オアシスのようなお店だと感動した。

その後独立、すぐ隣にオフィスを構えるとは想像もしていなかったが。ランチの会食。深夜の友達とのメシ。一番うれしいのは、大事なプレゼンの前に深夜に会社のみんなと食べに行く時。この裏巻きを食べてもうひと頑張り!と、気持ちを鼓舞します。

連載一覧へ