Visit

ニッポン昆虫館案内〈箕面(みのお)公園昆虫館〉。大阪らしい、笑いありの展示にクスリ

全国に点在する昆虫館。国内屈指の虫愛好家でもあるスタッフたちが、日々マニアックな目線で展示に工夫を凝らしている。動く昆虫を眺め、標本のコレクションに唸る、至上の虫スポット、昆虫館へ出かけよう。

Photo: Kazufumi Shimoyashiki / Text: Keiichiro Miyata, Shiho Yoshida

箕面公園昆虫館(箕面/大阪)

大阪らしい、笑いありの展示にクスリ。
ユニークな試みで魅了する、森の中の昆虫館。

1953年、東京・高尾、京都・貴船と並ぶ「日本三大昆虫宝庫」と称された大阪・箕面の森に開園。四季折々の植物の間を500個体もの蝶が飛び交う放蝶園を筆頭に、高密度な展示を手がけてきた。

常設展示室ではヘラクレスオオカブトをはじめとした国内外の昆虫の生体展示に加え、昆虫の分類を学べる場も設ける。「訪問した後に誰かに話したくなるような場所でありたい」(館長の中峰空さん)。

ツマムラサキマダラ
南西諸島に生息するツマムラサキマダラ。放蝶園では約20種の蝶を観察できる。

ほかにも中峰さんの直筆ポップのボケに思わずツッコみたくなる標本、また時には専門家に向けた本気の学術論文も展示と、緩急自在な内容もならではだ。12月の企画展(2022年5月9日まで)のテーマは「世界の蝶」。同館では初出しの標本も!

ナナフシとリコーダー
ナナフシとリコーダーは同じ長さだった⁉ 斜め上のオリジナル標本で虫の世界を身近に。