Feel

2023年下半期 牡羊座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が人気の占星術師・七嶋ナオさんが2023年下半期の運勢を占います。牡羊座(3/21~4/19生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

下半期全体の牡羊座

生きている実感

基本的に自分のやりたいことをやれる時期。味方になってくれる人も増えそうです。ただし、自分を取り巻く環境が変わることでやるべきことも変えなければいけない、ということはありそうです。

心が揺れる出来事に遭遇したら、内観して自分の心のありようを見つめること。それによって、魂が強く育っていきます。「生きている」という手応えが感じられ、活力がみなぎってくるでしょう。

太陽シーズンごとの牡羊座

6月21日〜7月22日太陽蟹座エリア運行期間

牡羊座にとって「家・家族」などの共同体や帰属する場所というテーマが大きくなります。太陽と土星が調和的に繋がっていくので、自然と共同体における責任感が育つでしょう。

7月22日には冥王星が太陽の対向位置に入ってきます。この配置は牡羊座に強い影響を与えます。仕事とプライベート両方に及ぶ大きな変化が訪れるかもしれません。そのときは、直感や想像力を頼りに進んでみましょう。

また、牡羊座と同じ「火のエレメント」である獅子座に金星・火星が運行することによって、「安定した創造性」が自分の内側から湧き上がってきそうです。

◆7月23日〜8月22日(太陽獅子座エリア運行期間

この期間は楽しいことが増えそうです。このエリアは「喜び(JOY)の部屋」であり、楽しいイベントや恋愛、遊びやクリエイティブなこと全般を司ります。自由で大胆なアクションが取れる時。

活力のある1カ月になりそうです。知性を司る水星が、“本来の座”である乙女座エリアを運行し、やるべきこともテキパキと片づけることができるでしょう。8月20日頃にあらわれる「地のグランドトライン」という配置の影響で、バリバリ仕事をして収入を上げよう!という気持ちになりそうです。

◆8月23日〜9月22日 (太陽乙女座エリア運行期間

「セルフケア」をテーマにすると良いでしょう。9月4日には木星が逆行を始め、本当に持っていたいものや真に必要なものは何であるのかを確認することになりそう。

9月15日の乙女座エリアでの新月が、天王星牡牛座と良いコンタクトを取るため、生活習慣の改善や働き方の効率化、環境の整備がスムーズに進められそうです。

◆9月23日〜10月23日(太陽天秤座エリア運行期間

結婚運・パートナーシップ運がUPします。真剣な話し合いや契約などに向いているタイミングです。相手の考えをしっかり知れるような、良いコミュニケーションができそうです。

ダイアログを意識すること。「火のエレメント」に属する牡羊座は、自分が一方的に意思表明するだけで双方向的な意思疎通ができたと思ってしまいがちなので、注意しましょう。

◆10月24日~11月21日 (太陽蠍座運行期間

10月24日に太陽は蠍座エリアを運行し始め、先行して蠍座にいた火星と水星に合流していきます。
11月10日頃まで蠍座エリアに3天体がいることとなり、この時期のテーマは「深く他者とコミットメントする」になっていきます。

このエリアは牡羊座にとって「継承・ギフト」の部屋であり、責任を持って何かを受け取らなければいけないというシチュエーションも想起されます。

他人を深く思いやることが増え、献身的に助けることもあるかもしれません。魚座エリアにいる土星の影響も相まって、シリアスな状況を通じて、人間の心のひだに触れ、多くを学べそうです。

11月22日〜12月21日太陽射手座エリア運行期間

旅行運がUPします。しかし、魚座エリアを運行する土星の影響を受け、その旅行にはちょっとした責任や重たい気持ちが付随するかも。

たとえば、せっかく遠方に旅行に出たのに、合間に仕事もしなくてはいけないといったことや、労力の掛かるミッションを目上の人から課せられている旅行であるかもしれません。

ANA羽田国際線がリニューアル!〜前編〜空の旅がもっと快適になる出発前のニュースタンダード

ANA羽田国際線がリニューアル!〜前編〜空の旅がもっと快適になる出発前のニュースタンダード

訪れる / PR

2023年上半期 牡羊座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】