Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:清澄白河〈O2〉スマートカジュアルな“町の中華”

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Yoichiro Kikuchi / Text: Haruka Koishihara

連載一覧へ

O2(清澄白河)

スマートカジュアルな“町の中華”。

大津光太郎さんだから、屋号は〈O2〉。地元である清澄白河の路面店は、カフェか家具店かといった趣だ。チャイニーズっぽくない空間を目指したそうで、吹き抜けの天井から下がるオブジェや、点在する『スター・ウォーズ』のグラフィックやフィギュアがポップな雰囲気を醸す。

調理師学校を卒業後、大御所・脇屋友詞シェフのもとで15年間みっちりと修業を積んだ。

「本来中国の食材でないものでも、脇屋さんが使うときちんと中国料理になる。素材へのアプローチが本当に素晴らしいと思います」。ホワイトアスパラガスの料理は、師匠の姿勢を自分なりに咀嚼し、表現した一皿だ。

スパイスを多用するなど、より自由な料理をカウンター主体で提供する形にしたのは、白金〈私厨房 勇〉の原勇太シェフの影響が。「原さんに出会って、半年働かせてもらったからこそ」名店仕込みの確かな料理を、気軽なスタイルで。ホームタウンに早くも馴染んでいる。

清澄白河〈O2〉大津光太郎さん
「実家も住まいも目と鼻の先」という深川っ子。
清澄白河〈O2〉店内
ネイビーを基調に、好きな色だというグリーンを効かせた店内。

連載一覧へ