Eat

グルマン温故知新:学芸大学〈ビストロ11〉のっぽな夫妻が営む、リラックスムードの店

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Kanako Nakamura / Text: Koishihara Haruka

連載一覧へ

ビストロ11(学芸大学)

のっぽな夫妻が営む、リラックスムードの店。

オーナーシェフの松浦真吾さんは子供の頃から料理人に憧れ、調理師免許を取得できる高校へ。卒業後、長野の〈オーベルジュ・エスポワール〉に就職した。「藤木徳彦シェフのモットーは“地産地消”。何でも自作する職場で、厳しくも楽しかったし、生産者さんと直接交流できたのも貴重な経験」と松浦さん。

13年間勤めた後、助っ人で入った〈ル・ヴェール・ヴォレ・ア・トーキョー〉(現〈メグロアンジュール〉)から、オーナー・宮内亮太郎さんの口利きでパリの〈ル・ヴェール・ヴォレ〉へ。帰国後は〈メグロ アンジュール〉で、さらに代々木上原〈AELU〉でもシェフを務めた。

その時期に宮内さんの紹介で出会った妻の恵さんと意気投合。「一緒にお店をやったらきっと楽しい人!」と、一気にゴールイン。見事、夢を実現させた。

マリネに使う粒味噌など、土地に根ざした素材が好きという松浦さん。各地で育まれた味を、自在に料理に反映させている。

学芸大学〈ビストロ11〉オーナーシェフの松浦真吾さん
料理は真吾さんが1人で担当。妻の恵さんがサービスを担当。
学芸大学〈ビストロ11〉店内
天井の高い店内。壁は仲間とともに自分たちで塗った。

連載一覧へ