Live

Live

暮らす

祐天寺〈Camille〉自宅で楽しめる、“手軽なアート”。花屋さんガイド2021

大切な人に花束を贈る。せっかくだから普段と違うお店を選びたい。最近オープンした個性的なお店や、センスのいいフローリストに直接頼んでみるのも手。今回も、評判高い全24軒に、¥5,000のブーケサンプルを花データ付きで作製してもらった。花束をもらう人は、花の飾り方解説も参考に。

Photo(Bouquet): Wataru Kitao / Photo(Shop): Wataru Kitao / Text: Yuka Uchida, Chisa Nishinoiri, Emi Fukushima, Mako Yamato, Keiichiro Miyata, Yoko Fujimori

自宅で楽しめる、“手軽なアート”。

市場や生産者から仕入れた花を束ねる。これはどの花屋も同じだが、今年1月にオープンした〈カミーユ〉は少し違う。店頭に並ぶ8割が、お店で専用の染料に浸して色を入れたオリジナルの“染め花”。

染め花が盛んなイギリスで修業を積んだ野村ミレーナさんの技が、花の一本一本に表現されている。このブーケに使われているものも、ほとんどが染め花。ほかでは見かけない、グラデーションカラーやくすんだ色合いを組み合わせ、「見ていて楽しくなるものにしたい」と、芸術品を仕上げるように花を束ねていく。

祐天寺〈Camille 〉のブーケ