Live

Live

暮らす

目黒(e)volビビッときた旬の花々を、感性のままに束ねる。花屋さんガイド2021

大切な人に花束を贈る。せっかくだから普段と違うお店を選びたい。最近オープンした個性的なお店や、センスのいいフローリストに直接頼んでみるのも手。今回も、評判高い全24軒に、¥5,000のブーケサンプルを花データ付きで作製してもらった。花束をもらう人は、花の飾り方解説も参考に。

Photo(Bouquet): Masahiro Tamura / Photo(Shop): Shu Yamamoto / Text: Yuka Uchida, Chisa Nishinoiri, Emi Fukushima, Mako Yamato, Keiichiro Miyata, Yoko Fujimori

ビビッときた旬の花々を
感性のままに束ねる

「プライベートで花は買ったことがないんです。もともと馴染みがなくて」。そう笑う店主の福田まりよさんが花屋の道に進むきっかけは、偶然頼まれた友人のウエディングブーケ作り。

その面白さに魅せられ、センスを頼りに花屋勤務を経ることなく道を拓いてきた。ゆえに花のセレクトも感性に正直。「バレンタインデーだからといって赤い花は仕入れませんし、仏壇の供花にもあくまで旬のものを提案します」と福田さん。既成概念にとらわれず自由に束ねたブーケからも、旬の魅力が最大限に滲み出ている。

イーボルのブーケ