Read

Read

読む

ブルータス編集部の本棚 vol.1『ぜーんぶ電鍋!』

ブルータス編集部には、取材でお世話になった方々から、著書や関連書籍などが届きます。その中から気になる一冊を紹介するこちらの連載。第一回はBRUTUS.jpの連載「聞くレシピ」が好評の山田英季さんです。

photo: Wataru Kitao

連載一覧へ

『ぜーんぶ電鍋!』著・山田英季

〈大同電鍋〉といえば、台湾好きはすぐに反応します。昭和時代を思い出す愛らしいレトロデザインの、通称「電鍋」。60年以上前に炊飯器として売り出されたものの、これが調理器具としても優れている。

そこで、山田英季さんが水蒸気で調理する69のレシピを考え、一冊にまとめたのが『ぜーんぶ電鍋!』。台湾料理から洋食やデザートまで、炊く、煮る、蒸す、温める。この調理器具は、山田さんの料理のようだ。見た目も味も優しくて、なにより超カンタン。電鍋調理は材料を入れてスイッチを押すだけなのだ。そして、いつも食べる人や作り手、食事のシーンに思いを馳せているから、どの料理もあったかくておいしいのだ。


連載一覧へ