Feel

7月1日〜7月7日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24〜11/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

蠍座の星模様

強く明るく柔らかく

5月初旬から「家族や家庭」を意味する場所に冥王星が逆行しています。また、結婚やパートナーシップを意味する場所に火星と天王星が運行している影響も重なって、ここしばらく、家族やチームメンバーとぎくしゃくしていたかもしれません。

今週2日に水星(知性)が獅子座に入り、逆行中の冥王星(運命)と向かい合います。問題に対して、水星獅子座の透徹した知性が解決の糸口をもたらしてくれるでしょう。

また2日は海王星(夢・幻)が逆行を始めます。海王星は、今週から来週にかけて、金星(愛と喜び)と調和的に繋がります。海王星も金星もどちらも甘やかで、頑なさを溶かす性質を持っています。ロマンティックな気分が高まりそうなとき。手の届かないものにも憧れそうです。

6日は「神の叡智」を授かる場所で蟹座新月が起こります。この新月には、金星が寄り添い、とても穏やかで生命力に満ちたエネルギーを発し、「もっと柔らかく、リラックスして、学びに没頭しよう!」と歌っています。真剣さと深刻さは違うのだと腑に落ち、肩の力を抜いて自分を鍛えることができるでしょう。知識を増やそうとすると、手に入りやすいときです。

蟹座満月までの半年間のタームでは、過去に自分に大きく影響を与えたものを懐かしく思い出すかもしれません。アファメーションは「人生を豊かにする知識を得ました」と、天に宣誓すると良いでしょう。

今週の全体の空模様

安心して暮らすことを求めて

「『かすてらを つくっているんでしょう! とっても いい においがするもの』と、もりじゅうの どうぶつが、はなを うごかしながら、あつまってきました。そうとも、かすてらづくりの ぐりと ぐら けちじゃないよ ぐりと ぐらごちそうするから まっていて」
───なかがわりえことおおむらゆりこ『ぐりとぐら』

今週は、2日に、水星(知性・コミュニケーション)が獅子座エリアに移ります。水星は水瓶座エリアを逆行する冥王星(破壊と再生)と真正面の位置につきます。次世代のリーダーたちの「声」が世界に響き渡り、時代の変化を実感することができるでしょう。発言する人がどんどん増えるとき。

さらに2日、魚座エリアの海王星が逆行を始めます。海王星は、夢やスピリチュアリティなど、“人々をうっとりさせる力”を司り、無意識に働きかけます。この逆行がプラスに働けば、魂が幻想のなかへと誘われ、イマジネーションが高まります。マイナスに働く場合は、過去に陶酔するムードが広がりそうです。ありもしない功績を語る人も現れるかもしれません。

6日、「友愛」や「楽しい未来計画」を意味し、幸運の気配に満ちた場所で、蟹座新月が起こります。この新月には、愛と喜びの星である金星も寄り添い、「日常に寄り添った幸せ」「豊かな生活を楽しむ」というテーマがあります。

絵本のなかで森の動物たちがおやつを分かち合って仲良く食べるような光景が浮かびます。豊かで安心感に満ちた場面。そんなふうに、笑顔で交流できる社会を求めていくことが蟹座新月から蟹座満月までのムードになりそうです。

また、この新月の瞬間では、天の高い位置に、改革を推し進める天王星と意欲や勇気を表す火星が仲良く並んで輝いています。この火星には、逆行中の土星(試練・社会性)が調和的に繋がっています。土星は、魚座のなかの「不特定の人々に、その人たちが必要としているものを善意で提供する」という意味のポイントにいます。これまで、困窮する人たちへどんな支援がなされてきたのかを振り返ることになりそうです。

新月は物事をスタートさせるタイミングとして吉とされています。そして、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。各星座ごとにテーマが変わりますが、「豊かさを求めていくこと」というのは共通します。宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の蟹座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

6月24日〜6月30日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

カンパノラ 宙顕

その文字盤には、宇宙の輝きを込めて。「カンパノラ」の“宙顕”と“星顕”

着る / PR