Feel

1月8日〜1月14日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23〜8/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

獅子座の星模様

伸びしろが見える

獅子座にとって、山羊座エリアは「日々の仕事・サービスの部屋」であり自他へのケアや奉仕を意味する場所です。今週はこのエリアに太陽(創造性)・水星(知性・コミュニケーション)・火星(意欲・闘争心)・冥王星(運命・極端さ)が運行します。ストレスを感じやすいタイミングです。雑務の多さにうんざりするかもしれません。さらに、関節や歯のトラブルも懸念されます。早めに対処をしましょう。無理は禁物です。

今週11日の山羊座新月には逆行中の天王星(改革・刷新)が調和的に繋がります。

仕事の場面において「もっとこうすれば良くなる」と、やり直したいポイントが見えてくるかもしれません。さらに、火星と土星(社会性)と木星(成長・拡大)の3天体が仲良くコンタクトします。自分一人では対応できない案件が舞い込んできて、人の力を借りることもありそうです。アファメーションは「問題解決に具体性を持たせること」をテーマにしてみましょう。

金星(愛と喜び)は、「創造性とレクリエーションの部屋」であり、喜びや楽しい遊びを表す場所を運行しています。仕事では厳しい状況があっても、この金星がオアシスとなってくれるでしょう。

イベントに参加したり、キャンプに行ったり、スポーツ観戦をしたりするのが幸運の鍵となります。

今週の全体の空模様

運命を創り出す

「そこに祈りがある。願いとさだめとを内面的につなぐものは祈りだよ。祈りは運命を呼びさますのだ。運命を創り出すと言ってもいい。」
──倉田百三『出家とその弟子』

1月4日に火星(勇気・闘争心)は山羊座エリアに入りました。火星にとって、山羊座エリアは戦うパワーを遺憾なく発揮できる場所です。今週は14日に水星(知性・コミュニケーション)も山羊座エリアに移動し、太陽(公的な意識)、水星、火星、冥王星(時代・運命)の4天体が山羊座に運行することとなります。世の中の関心は、社会構造の是正や公共の利益などに向かっていくでしょう。

11日は、山羊座エリアで新月となります。新月は物事をスタートさせるタイミングとして吉とされています。

そして、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。

各星座ごとにテーマが変わりますが、「社会全体への貢献のために自分のできることをする」ということは共通します。宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の山羊座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

この新月から満月までの半年間で、全体(社会構造)が病んでいれば、いくら自分が努力をしても報われることがないのだと気がつきそうです。「私たちがどんな政治を求めるのか」というテーマが膨らんでいきます。市民(国民)が「手探りでもいい、試しにこの方向にみんなで行ってみようか」と団結して、「社会という船」の舵取りをしていけるときです。未来への道を照らすような目標を掲げることが大切になります。

力を合わせて積極的に“治癒”や“回復”を求める新月(種蒔き)です。

2024年上半期 獅子座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

ドクターマーチンを履いた女性と男性

〈ドクターマーチン〉から、ウエスタンモチーフのコレクションが発売。定番のシューズたちが新鮮に生まれ変わる

着る / PR