Feel

1月8日〜1月14日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22〜7/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

蟹座の星模様

チームで進む

蟹座にとって、山羊座エリアは「人間関係・社交の部屋」であり、結婚やパートナーシップを意味する場所です。今週はこのエリアに太陽(創造性)・水星(知性・コミュニケーション)・火星(意欲・闘争心)・冥王星(運命・極端さ)が運行します。曖昧になっていたものが整理され、「正式な契約」が進んでいくイメージがあります。また、シャープなものの見方をする人に厳しめの評価をされることもあるかもしれません。

蟹座は山羊座と同じく「集団性」のあるサイン(星座)。今週11日の山羊座新月では、未来に向かうためにみんなと一緒に切磋琢磨していくことになるかもしれません。チームを組んだり、協力体制を整えたりする場面です。団結して勇気を奮い起こしやすいときです。アファメーションは、「手を組む相手が見つかる」ことをテーマにすると良いでしょう。

また、新月には逆行中の天王星(改革・刷新)が調和的に繋がります。自分とは違う視点の人と連帯することで、より良い選択ができるようになりそうです。

さらに、火星と土星(社会性)と木星(成長・拡大)の3天体が仲良くコンタクトします。専門知識を持つ人に助けられることもありそうです(法律家など)。

金星(愛と喜び)は、「日々の仕事・サービスの部屋」であり、自他へのケアや奉仕を意味する場所を運行しています。体を動かして雑務を片づけることで幸運がやってきそうです。

今週の全体の空模様

運命を創り出す

「そこに祈りがある。願いとさだめとを内面的につなぐものは祈りだよ。祈りは運命を呼びさますのだ。運命を創り出すと言ってもいい。」
──倉田百三『出家とその弟子』

1月4日に火星(勇気・闘争心)は山羊座エリアに入りました。火星にとって、山羊座エリアは戦うパワーを遺憾なく発揮できる場所です。今週は14日に水星(知性・コミュニケーション)も山羊座エリアに移動し、太陽(公的な意識)、水星、火星、冥王星(時代・運命)の4天体が山羊座に運行することとなります。世の中の関心は、社会構造の是正や公共の利益などに向かっていくでしょう。

11日は、山羊座エリアで新月となります。新月は物事をスタートさせるタイミングとして吉とされています。

そして、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。

各星座ごとにテーマが変わりますが、「社会全体への貢献のために自分のできることをする」ということは共通します。宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の山羊座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

この新月から満月までの半年間で、全体(社会構造)が病んでいれば、いくら自分が努力をしても報われることがないのだと気がつきそうです。「私たちがどんな政治を求めるのか」というテーマが膨らんでいきます。市民(国民)が「手探りでもいい、試しにこの方向にみんなで行ってみようか」と団結して、「社会という船」の舵取りをしていけるときです。未来への道を照らすような目標を掲げることが大切になります。

力を合わせて積極的に“治癒”や“回復”を求める新月(種蒔き)です。

2024年上半期 蟹座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

飲む / PR