Feel

Feel

感じる

11月27日〜12月3日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24〜11/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

11月27日〜12月3日の空模様

蠍座の星模様

対話は愛

蠍座にとって「共有財産・親密な関係の部屋」「絆を深めるギフト」を意味する場所での満月です。半年前の双子座新月でのアファメーションは「ここなら溶け込みたいと思えるような環境を見つける/つくる」ことがテーマでした。

今週の満月のタイミングで確認したいのは、家族、仲間や同僚など、“集団”の中で安心できる関係性を作れているかどうか。もし、周囲が受け止めている自分のイメージに違和感があるなら、丁寧に対話を重ねていきましょう。

本来蠍座の人は、本質を的確に捉えて話すことができるはずです。相手との関係が大切なものであるならば、しっかりと言葉にして伝えていきましょう。

今週は太陽(創造性)と火星(意欲・闘争心)が、「所有・財源の部屋」であり、“価値”を意味する場所を運行しています。自己肯定感や自己有用感が高まります。できることはたくさんあると思えるこの期間に、積極的にやりたいことをやっていきましょう。

また、週末に向けてゆっくりと、金星(愛と喜び)が冥王星(極端さ)とぶつかり合う角度をなしていきます。普段は口数が少ない蠍座ですが、心の奥にある宝物(気持ち)を友人に話したくなるかもしれません。相手を厳選してから打ち明けましょう。

今週の全体の空模様

過激な雑誌

「つまり、自分で自分のことは何とかする『自助』と、誰からも支配されない『自立』は別物だ。なんとなれば、政府に言われる『まず自助でやれよ』は、そこからすでに国家から命じられる支配が始まっているのであって、言い方を変えれば、国はあなたがたから税金を徴収しますがあなたたちを助けることはしません、ということだ。これは、一般的に言う『ぼったくり』ということではないのだろうか」

──ブレイディみかこ『他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ』

27日は双子座エリアで満月があります。満月は、新月で蒔いた種の実りを収穫するとき。今週は、6月18日の双子座新月からフォーカスしてきたことが「満ちる」ようなタイミングです。

太陽の通り道である黄道は、ぐるりと円を描きます。これを12分割した各区分が、星座(サイン)となります。そのため、ひとつの星座のエリアは30度です。占星術では、これを細かく区切り、1度ずつに意味をつけて読む方法があります。

今回の満月が起こるのは、双子座の5度、「過激な雑誌」という名前がついた度数です。知性や言葉を使って、あえて事を荒立てる、“煽る満月”となります。

満月は目に見えない場所であり深層無意識(深い魂の世界)で輝き、過激で刺激的な情報が、表には出ずにあっという間に世の中に広がっていく様子が浮かんできます。

この満月のタイミングでは、射手座エリアを運行する太陽(創造性)と火星(意欲・闘争心)が重なります。月と太陽・火星は露悪的で暴走気味な力を帯びています。それを諫めるポジションに土星(責任・社会性)が入ります。

半年の間に、自分の望む世界を実現するには、新天地に真っ先に辿り着いてそこでのイニシアチブを取らないといけないと気づいたでしょう。この満月は、そのためには情報戦略の駆使が不可欠だと示しています。

何を善いもの(正義)としていくのか、様々な価値観が溢れ、世の中は昏迷状態に陥るかもしれません。それぞれが「自分の考えはまともだ」「自分は賢い」と信じて、声高に主義主張を唱えていきます。

陰謀論的言説も増えそうです。今週は混乱を極めた星回りなので、目に入ったものをすぐに信じることはせず、慎重に情報に接しましょう。

魚座エリアを運行する土星が「あらゆる命を尊重しながら生きる」というテーマを置いていくので、秩序や節度が生まれそうです。

また、今週、12月1日には水星(知性・コミュニケーション)が山羊座エリアに移動します。交渉事が捗り、実際的な議論が進みそうです。地に足の着いた知性によって対話がなされる場面が増えるでしょう。

11月20日〜11月26日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

ミュージシャン・髙城晶平

ミュージシャン・髙城晶平の挑戦、その前夜のこと。powered by Yakult

休む / PR