Feel

Feel

感じる

11月27日〜12月3日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23〜8/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

獅子座の星模様

速いテンポで踊れ

獅子座にとって「友情」や「未来計画」を意味する場所での満月です。この半年間で迷いながら練っていた「将来像」が、はっきりと見えてくるタイミングです。テーマから思いついたことをしっかりと書き留め、それを現実の目標として落とし込んでいきましょう。

そしてそのプランに賛同してくれる人たちも続々と集まってくるイメージがあります。コラボレーションなども盛り上がりそうです。もしくは、今自分がやっていることこそが、描いていた「未来」なのかもしれないと気がつく人もいるでしょう。

今週は太陽(創造性)と火星(意欲・闘争心)が、「創造性とレクリエーションの部屋」であり、喜びや楽しい遊びを表す場所を運行しています。この場所は「JOYの部屋」とも呼ばれ、獅子座にとっては、ここに太陽が運行する期間はのびのびとしたボーナスタイムになります。

クリエイティブなパワーに守られている感覚があり、やりたいことにどんどん挑戦できそうです。創作意欲も湧いてきます。また、イベントに参加したり行楽地に出かけたりしても良い刺激になりそうです。

また、週末に向けてゆっくりと、金星(愛と喜び)が冥王星(極端さ)とぶつかり合う角度をなしていきます。人に何かしてあげたいというサービス精神が過剰になってしまうかもしれません。自分と他人の境界線を一度確認しておきましょう。

今週の全体の空模様

過激な雑誌

「つまり、自分で自分のことは何とかする『自助』と、誰からも支配されない『自立』は別物だ。なんとなれば、政府に言われる『まず自助でやれよ』は、そこからすでに国家から命じられる支配が始まっているのであって、言い方を変えれば、国はあなたがたから税金を徴収しますがあなたたちを助けることはしません、ということだ。これは、一般的に言う『ぼったくり』ということではないのだろうか」

──ブレイディみかこ『他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ』

27日は双子座エリアで満月があります。満月は、新月で蒔いた種の実りを収穫するとき。今週は、6月18日の双子座新月からフォーカスしてきたことが「満ちる」ようなタイミングです。

太陽の通り道である黄道は、ぐるりと円を描きます。これを12分割した各区分が、星座(サイン)となります。そのため、ひとつの星座のエリアは30度です。占星術では、これを細かく区切り、1度ずつに意味をつけて読む方法があります。

今回の満月が起こるのは、双子座の5度、「過激な雑誌」という名前がついた度数です。知性や言葉を使って、あえて事を荒立てる、“煽る満月”となります。

満月は目に見えない場所であり深層無意識(深い魂の世界)で輝き、過激で刺激的な情報が、表には出ずにあっという間に世の中に広がっていく様子が浮かんできます。

この満月のタイミングでは、射手座エリアを運行する太陽(創造性)と火星(意欲・闘争心)が重なります。月と太陽・火星は露悪的で暴走気味な力を帯びています。それを諫めるポジションに土星(責任・社会性)が入ります。

半年の間に、自分の望む世界を実現するには、新天地に真っ先に辿り着いてそこでのイニシアチブを取らないといけないと気づいたでしょう。この満月は、そのためには情報戦略の駆使が不可欠だと示しています。

何を善いもの(正義)としていくのか、様々な価値観が溢れ、世の中は昏迷状態に陥るかもしれません。それぞれが「自分の考えはまともだ」「自分は賢い」と信じて、声高に主義主張を唱えていきます。

陰謀論的言説も増えそうです。今週は混乱を極めた星回りなので、目に入ったものをすぐに信じることはせず、慎重に情報に接しましょう。

魚座エリアを運行する土星が「あらゆる命を尊重しながら生きる」というテーマを置いていくので、秩序や節度が生まれそうです。

また、今週、12月1日には水星(知性・コミュニケーション)が山羊座エリアに移動します。交渉事が捗り、実際的な議論が進みそうです。地に足の着いた知性によって対話がなされる場面が増えるでしょう。

11月20日〜11月26日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

写真家・大森克己

写真家・大森克己の挑戦、その前夜のこと。powered by Yakult

休む / PR