Feel

Feel

感じる

11月20日〜11月26日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23〜8/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

11月20日〜11月26日の空模様

獅子座の星模様

俺の舞台

今週前半、太陽(創造性)と火星(意欲)が蠍座エリアを運行している間は、「家族(仲間)のペース」で物事を進めねばならないかもしれません。

しかし太陽と火星が射手座エリアを運行し始めると、「やっと自分の好きに動ける!」と解放感を味わえます。

太陽と火星、そして水星(知性・コミュニケーション)は、「創造とレクリエーションの部屋」であり喜びや楽しい遊びを表す場所にいます。水星には金星(愛と喜び)が仲良くリンクしてくるので、燃えるような情熱が湧き上がります。クリエイティブな意欲が高まり、人に成果を見せたくもなるでしょう。

獅子座と射手座は、ともに「火のエレメント」に属します。同じエレメントのエリアに天体が運行するとは、「味方」が現れるようなこと。自らの内なる炎が威力を増していきます。

獅子座の火は“太陽の光”であり、ときにエゴイスティックでもあります。それに対して射手座の火は“叡智の灯”であり、獅子座(王様)を教導する頼もしい賢者であり、王様のエゴを打ち消していきます。

また、魚座エリアを運行する土星(責任・社会性)も、やる気に満ちた王様に道を示し、人類愛を持つように諭してきます。

今週から始まる太陽射手座運行期は、周囲への感謝といたわりを忘れずにいることができれば、自由にのびのびと、喜びを増やしていくことができるでしょう。やる気を抑えすぎないことが大切です。

今週の全体の空模様

型を破って

「誕生から死まで、日曜から土曜まで、朝から晩まで、すべての活動が型にはめられ、あらかじめ決められている。このように型にはまった活動の網に捕らわれた人間が、自分が人間であること、唯一無二の個人であること、たった一度だけ生きるチャンスを与えられたということ、希望もあれば失望もあり、悲しみや恐れ、愛や憧れや、無と孤立の恐怖もあることを、忘れずにいられるだろうか。」
──『愛するということ』エーリッヒ・フロム

今週前半は、太陽(創造性)が蠍座(水のエレメント)を運行しているため、しっとりとした空気が広がり、どちらかといえば閉鎖的なムードです。しかし、23日に太陽は射手座エリアに移り、ついで24日に火星(闘争心)も同エリアに入ります。すると、開放的でからりとしたムードに切り替わっていくでしょう。

射手座は能動性の強い「火のエレメント」に属し、自由と冒険を愛するサイン(星座)です。

決まりきった型を破って、物事を探求していく性質を持っています。学問でいうと、宗教学や哲学、文化人類学などが射手座的です。

未来の可能性を信じ、“ここではないどこか”を常に目指すことで魂が喜びで満ちていくのです。

そのパワーが作用して、主流からあえて外れ、オルタナティブなライフスタイルを探る動きも活発になるでしょう。

太陽射手座運行期は、普段挑戦できないことをしてみたり、新しいコミュニティに入ってみたり、はたまた弾丸旅行に出たりと、何かしら「冒険」をしたくなるかもしれません。

ただし、この太陽と火星に対してすぐ、魚座エリアを運行する土星(試練・節度)が激しい角度でぶつかってきます。

“魚座エッセンス”は他者への共感と受容、奉仕的な愛であり、柔らかさがあります。今週は、土星という指南役がそのエッセンスを帯びるため、人に共感したり奉仕することが課題として現れてきそうです。奔放に動こうとしても、まず今いる場での責任を果たさなければならなくなりそうです。遠くに行くことを反対されたり、周囲への配慮を求められたりもするでしょう。土星魚座は、太陽射手座がもたらす奔放さに対して、「もっとソフトに」と注意してきます。足元に柔らかく小さな生き物がいるイメージで動いていきましょう。

11月13日〜11月19日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

左から齋藤精一、服部滋樹。柴田文江、倉本 仁

未完成なものから可能性を見出す。大阪・関西万博から生まれる“共創”のデザイン

語る / PR