Feel

10月9日〜10月15日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24〜11/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

10月9日〜10月15日の空模様

蠍座の星模様

魂の救済

9日、蠍座にとって「人脈運」「未来計画」を意味する場所に金星(幸運)が入ります。この場所に金星がめぐる期間(~11月7日)は、たくさんの人と交流を深めることで嬉しい出来事が訪れるでしょう。縁の繋がる楽しさを味わいましょう。

11日、山羊座エリアを運行する冥王星(破壊と再生)が順行になると、遊びや仕事で新しいプランを描く友人の話を聞く機会がありそうです。触発されて自分でも何か始めたくなりそうです。

12日に火星(闘志・意欲)が蠍座エリアに移動します。火星は蠍座エリアで“弁慶に薙刀”状態になります。蠍座の特徴である集中力がさらに上がり、真実を暴く鋭さもましていきます。戦闘力アップのイメージです。

だからこそ、何気なく放った一言で相手を深く傷つけてしまわぬように。思わぬトラブルに発展もしかねません。自分の言葉の切れ味を意識しておきましょう。

また、15日には天秤座エリアで新月が起こります。この場所は「無意識」を意味し、ここでの新月は「救済的な関わり」というテーマを持っています。

自分の内側の深い部分を刺激されるようなことがあるかもしれません。普段は見ないようにしているわだかまりや、過去の辛い記憶が暴れ出したならば、この新月から半年後の天秤座満月までの期間で自分を「救済」していける、とイメージしてみましょう。

新月のアファメーションは「魂の自己治癒」を誓願すると良さそうです。

今週の全体の空模様

試練と救済

「見るんじゃない。ただ眺めるのだ。はじめの何日間か、あなたはくり返しくり返し何かを見てしまうだろう。ただ古い習慣のせいでね。我々がものを聞くのもその古い習慣のせいだ。我々がものを見るのも古い習慣のなせるわざだ。我々がものを理解するのも古い習慣のせいなのだ。」
──OSHO『存在の詩』(星川淳訳)

今週は、天体の移動が多く見られます。9日に金星(愛と喜び)が乙女座エリアに入り、「静かな愛」や、「慎ましさを美徳とするムード」が感じられそうです。

11日に冥王星(破壊と再生)が順行に切り替わります。殺伐とした世相の中に明るい兆しを見たり、社会問題の解決の糸口を掴んだりできるかもしれません。

12日に火星(闘志・意欲)が蠍座エリアに移動します。火星は蠍座の支配星であるため、このエリアでは鋭い刃物を持った戦士のような強さを与えられます。

また、15日には天秤座エリアで新月が起こります。(※この新月は金環日食を伴いますが、日本では観測できません。この記事では、国内の運勢にはあまり影響がないと考えていきます。)

この新月は、「救済的な取り組み」が始まることを教えてくれます。今週の天秤座新月から天秤座満月までの半年間は、人と人が支え合い手を差し伸べ合うための取り組みが広まりそうです。異なる立場の者同士の相互理解も進むでしょう。

それだけ窮地に立たされる人が増えるのかもしれませんが、人が人を助けたいと願う純粋な気持ちから、“希望の光”は生まれてくるようです。何が人々を追いやり、苦しめているのか、しっかりと目を開いて確認していくことが重要な場面になります。

また、新月には、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。各星座ごとにテーマが変わりますが、「他者との愛ある交流をはかる」ということは共通します。

宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の天秤座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

10月2日〜10月8日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

ディレクターの上村直人さん(左)と、PRオフィス〈KIIIRO〉を運営する大倉皓平さん(右)

大橋会館に集う9人が身に纏う、9枚のグレーTシャツ《New Balance Grey 9BOX》

着る / PR