Feel

7月31日〜8月6日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24〜11/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

蠍座の星模様

得意分野で勝負

水瓶座新月・満月は、蠍座にとって「家族と家庭の部屋」であり、基盤や帰属コミュニティを表す場所で起きています。

これまでの半年間で、家族やチームメンバーとの関わり方、チーム内での役割分担などについての問題を乗り越えてきたのではないでしょうか。その過程で、自分の苦手分野がよく見えたかもしれません。

今週の満月は、半年の間に浮かび上がってきた自分らしさの輪郭を、より明瞭にしていけるタイミングです。個性や才能を活かすには、その形をはっきりと削り出さなければいけません。居心地の良い環境を整えて、できることに注力していきましょう。

また、蠍座にとって「人脈」や「未来計画」を意味し幸運につながる場所に、火星(意欲・闘争心)が運行しています。

この火星に木星が調和的に繋がり、勇気やバイタリティのある友人に刺激されたり、ワクワクするプランを提案されたりするかもしれません(知り合いからの引き抜きオファーなどもありそうです)。

火星と同じ場所には水星も運行中で、これには逆行中の土星が緊張状態でコンタクトをとってきています。それによって、過去に仲の良かった人から連絡があるかもしれません。何かを頼まれたら、判断は慎重に。

今週の全体の空模様

僕が僕であるために

「人類の道程は遠い/そして其の大道はない/自然の子供等が全身の力で拓いて行かねばならないのだ/歩け、歩け/どんなものが出て來ても乘り越して歩け/この光り輝やく風景の中に踏み込んでゆけ/僕の前に道はない/僕の後ろに道は出來る」
──高村光太郎「道程」より

2日は、水瓶座エリアで満月が起こります。満月は、新月で蒔いた種の実りを収穫するとき。今週は、1月22日の水瓶座新月からフォーカスしてきたことが「満ちる」ようなタイミングです。

水瓶座新月で定められたテーマは、「大切にしている価値に立ち戻る」でした。そこから半年をかけて自分の価値観を突き詰めていった結果、どこにも属さず、何者でもない、シンプルな「自分」という存在に辿り着けそうです。

その「名前のない自分」こそが、クリエイティビティを支え、人生を豊かにする軸となっていくのです。

満月では、世間でまことしやかに喧伝されている言説を批判し、本当に大切なものだけを思うことができるようになっているはずです。

これまでの半年間では、苦境に追い込まれたり、自分の限界を感じるようなことに直面したりしたかもしれません。しかしそういった経験から、人生において大切なことに気がついたのでしょう。

「小さな日常を創造性で満たし、喜びの光を体いっぱいで感じること」。それが生きているということの本質かもしれないと、実体験をもとに理解が進んでいるところではないでしょうか。

今週の満月には、水星(知性・コミュニケーション)と土星(責任・社会性)との緊張感のあるリンクも関わってきます。

「個人の日常の幸せ」と「国家権力などの大きなものが欲するもの」とのバランスについても、考えることになりそうです。

さらに今週、冥王星と海王星の2天体が逆行しながら互いにコンタクトを取ります。

冥王星は公転周期が約20年と占星術の中で最も長く、その分広い範囲のものに関わります。例えば「世相」や「運命」です。いっぽう海王星の周期は約13年で、この星は集団の心理状態に作用するテーマを表します。

そのため、この2天体がコンタクトを取る期間は、過去のおよそ20年間を振り返る期間となります。ともするとそれは、「これまで」を総ざらいしながら、今世の中に流れている情報を疑うことかもしれません。

自分の価値観は誰かに刷り込まれたものにすぎないと気づき、それを解体していくことにもなりそうです。

7月24日〜7月30日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

ディレクターの上村直人さん(左)と、PRオフィス〈KIIIRO〉を運営する大倉皓平さん(右)

大橋会館に集う9人が身に纏う、9枚のグレーTシャツ《New Balance Grey 9BOX》

着る / PR