Feel

6月26日〜7月2日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24〜11/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

蠍座の星模様

燃えよ蠍座

先週に引き続き太陽が蟹座エリアを運行し、27日に水星も蟹座エリアに入ります。この2天体が魚座エリアを運行(逆行)する土星と調和的に繋がり、蟹座・蠍座・魚座が「水のグランドトライン」という図形を描き出します。

この星の配置のもとでは、仕事において過去にやり残したことに向き合えそうです。スムーズに業務をこなせる時ですが、以前の失敗が気になってしまうかもしれません。気持ちをポジティブに保ち、しかるべきポイントで蠍座ならではの集中力を発揮していきましょう。

土星魚座と木星牡牛座が調和的に繋がることにより、自分が過去得意としていたことで誰かの役に立てるかもしれません。また、この星の配置からは「復縁」の兆しも読み取れます。会いたかった人に会いに行けるでしょう。

「天王星牡牛座VS火星獅子座」の影響は、蠍座には強く出るかもしれません。契約内容や条件が急に変更されたり、クライアントの希望が突然変わったりするなど、少し不穏なムードが漂います。仕事のことでパートナーと口論になる可能性も。バチバチと小さな火花が飛ぶイメージがあります。

この配置のパワーをポジティブに昇華するには、パートナーや目の前にいる相手から投げられたボール(要望)を、どんどん打ち返していくことが大切です。挑まれた勝負から逃げないこと。

今週の全体の空模様

安らぎや喜びはどこに

「いいのいいのあなたはここにいていいの ひよこ生まれるひだまりだもの」
──東 直子『青卵』 

蟹座サインは、連帯や集団という意味も持ちます。そのため、今週を含む対応蟹座運行期間を語るには、「私たち」という主語が相応しいかもしれません。

さらに、蟹座は感情を司る月を支配星に持ちます。月は、母性や「生まれてくること(妊娠・出産)」という意味も持ち、安らぎや、帰属・基盤の象徴でもあります。

占星術では、論理的思考や合理性を司る天体は太陽です。近代以降の世界史の中心となってきたのはこの太陽的要素を支えとした西洋文明でした。そして、太陽と対をなす月が象徴する、情緒性やアニミズム・シャーマニズム的なものは、近現代において日陰に追いやられています。

「男性性」を表す太陽があまりに強く輝くと、「女性性」を尊重する月の女神は隠されてしまうのです。

今週、蟹座エリアには太陽のほかに水星が運行し、2天体は土星魚座と調和的にコンタクトをとります。私たちが忘れていた、「生き物としての安らぎや喜び」を求めたり、それについて深く考えたりするかもしれません。

「生まれて育つ」というシンプルな尊さを感じると同時に、それすらも難しい命がある世界が見えてくるでしょう。

さらに、逆行中の冥王星山羊座が、逆行直前の海王星魚座とつながっています。過去の”支配”について振り返りながら今の世の中を広く見渡していくタイミングとなります。今、この社会が寛容的なのか不寛容的なのか、生きやすいのか生きにくいのかを、それぞれが考えるべきときです。

私たちが社会の生産性のために生きているわけでもなく、効率の良い労働力として生きているわけでもないのだと気づけるでしょう。私たちは機械のパーツでもなく、記号や数字で表される存在でもない。そう確信できるかもしれません。

天王星牡牛座と火星獅子座が対立しています。これは、「豊かさ」と「権力者」がぶつかり合いながら、互いに変容していくことを示しています。税金の使い方をめぐって白熱した議論が起こるかもしれません。過激な表現で世の中を変えていこうとするムーブメントも起こりそうです。

また、今週は、7月3日の満月に向かって月が大きく膨らんでいくターム。感情が溢れやすくなるとき。本音が出ることでドラマが起こるかもしれません。

6月19日〜6月25日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

「GINZA SIX」にアウトドア&スポーツが充実。カラダが目覚める初夏のドレスコードは“アクティブ”

「GINZA SIX」はアウトドア&スポーツが充実。カラダが目覚める初夏のドレスコードは“アクティブ”

訪れる / PR