Feel

5月29日〜6月4日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21〜6/21生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

双子座の星模様

言霊使い

金星蟹座と海王星魚座のきらめくようなハーモニーは、双子座にとって天の高い位置=パブリックな場所から聞こえてきます。

この金星と海王星が調和的に繋がるこのタイミングでは「言霊」を大切にすると良さそうです。

前向きな未来を言葉で表していくと、言葉の力が実際に望む未来を引き寄せます。また、そういった明るく健やかな言葉は多くの人を癒やし、励ますものです。優しさや共感を忘れずに、ポジティブな言葉を使っていきましょう。

先週に引き続き、火星獅子座・木星牡牛座・冥王星水瓶座の緊張状態は「陰で研鑽を積む」をテーマにしています。他者のきつい言葉や態度に、心が乱されるかもしれません。

しかし、今週はどのような言葉も“栄養”としてバリバリ食べてしまうことができます。魂を強く豊かにするための武者修行中、という気分でいましょう。

射手座の満月のタイミングでは、この半年間で対人関係のスキルがアップしたかを振り返ると良いでしょう。そつなく社交をこなせるだけでなく、自分の率直な思いを話せる相手を得られていれば、この満月は喜びに満ちているはずです。

清いところも汚いところも両方あっての人間です。それを踏まえた上で信頼関係を育むことができる満月です。

太陽が双子座エリアを運行し始めると、どこからともなく勇気が湧いてきます。理由のいらない自己肯定感。思考もスムーズになり、快適なタームです。

今週の全体の空模様

何のために生きているのか

「話と言葉とが、人を閉鎖性の空虚な抽象から救い出すところの救済者なのである。」
──キルケゴール『不安の概念』

今週は蟹座エリアの金星(愛と喜び)と、魚座エリアの海王星(夢と融解力)が調和的に繋がります。その影響で、しっとりと情緒的、かつ柔らかく夢見心地のエネルギーが世の中を包み込んでいきます。

心を癒やすオアシスがなければ、誰しもが乾いて、生きる喜びを見出せなくなってしまいます。人間の善良さも、心の潤いで守られているのです。

イメージするのは、初夏の浜辺で波のレースが素足を優しく洗っていくような心地よさです。深呼吸して生きることの喜びを感じることが大切です。

一方で、獅子座エリアの火星(意欲・闘争心)、牡牛座エリアの木星(成長・拡大)と、水瓶座エリアの冥王星(破壊と再生)が激しくコンタクトをとり、緊張感が高まっていきます。真剣に取り組まなければならない問題が明確になり、戦う準備が進みそうです。

社会の過去の過ちが忘れ去られないように、義憤の炎を再燃させましょう。ただし、張り詰めた状況の中にあっても冷静さを見失わないこと。

太陽が双子座エリアを運行すると、頭の中に爽やかな風が吹き、思考がすっきりとしていきます。

この太陽に魚座エリアの土星(責任・制御)が厳しく繋がってくるので、情報過多の中でも現実的な視点を持つことが求められます。入ってきた情報にすぐに感化されないよう慎重に。頭の回転がスムーズになるときだからこそ、性急な判断は避けて、長考を心がけましょう。

また、4日には射手座エリアで満月(収穫)が起きます。この満月の起点(種まき)は昨年11月の射手座新月です。

新月では、世の中にある「大きな意志」が変わっていくのが遠くから感じられました。まるで海の潮目が変わるように、秘めた決意が個々の心の内側で燃え、それが寄り集まって大きな意志となっていたのです。

満月では、遠くに聞こえていた変化の音が近づいてきます。「大きな意志」に共感を覚え、遠大な理想への希望が膨らんでいきそうです。その希望自体が前に進む力になります。

また、昨年11月の射手座新月にアファメーションをしたことが叶っているのか振り返り、もし叶っていれば天に感謝するタイミングです。

5月22日〜5月28日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

着る / PR