Feel

5月29日〜6月4日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の水瓶座(1/20〜2/18生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

水瓶座の星模様

愛ってなにさ

自分で自分を認められる瞬間とは、富や名声を得たときではなく、身近の大事な人に「あなたがいてくれて良かった」と、存在を肯定されるときかもしれません。

今週、金星蟹座と海王星魚座の調和的繋がりのもとで、他者の役に立ちたいという献身的な思いが生まれそうです。

しかし、火星獅子座が、自分の価値を司る木星牡牛座に対して厳しく詰め寄っています。さらに冥王星水瓶座が自己の振り返りを促してきます。そのため、自分の存在理由や居場所にまつわる不安が大きくなりそうです。

自分の存在を誰かの喜びとしたい。そう希求し、シンプルな愛について深く考える週となるかもしれません。

射手座の満月のタイミングでは、この半年間で、「新しいイベントの企画」を考え、それを実現できたかどうかを振り返って確認すること。イベントの活動によって、関わる人の顔ぶれも変わったかもしれません。そしてこの満月では、さらにダイナミックなことに挑戦したくなります。

太陽は、「創造性とレクリエーションの部屋」であり、喜びや楽しい遊びを表す場所を運行しています。過去の失敗を経験として活かして、新しい風を巻き起こすことをイメージしてみましょう。面白いことがたくさんできるはずです。

今週の全体の空模様

何のために生きているのか

「話と言葉とが、人を閉鎖性の空虚な抽象から救い出すところの救済者なのである。」
──キルケゴール『不安の概念』

今週は蟹座エリアの金星(愛と喜び)と、魚座エリアの海王星(夢と融解力)が調和的に繋がります。その影響で、しっとりと情緒的、かつ柔らかく夢見心地のエネルギーが世の中を包み込んでいきます。

心を癒やすオアシスがなければ、誰しもが乾いて、生きる喜びを見出せなくなってしまいます。人間の善良さも、心の潤いで守られているのです。

イメージするのは、初夏の浜辺で波のレースが素足を優しく洗っていくような心地よさです。深呼吸して生きることの喜びを感じることが大切です。

一方で、獅子座エリアの火星(意欲・闘争心)、牡牛座エリアの木星(成長・拡大)と、水瓶座エリアの冥王星(破壊と再生)が激しくコンタクトをとり、緊張感が高まっていきます。真剣に取り組まなければならない問題が明確になり、戦う準備が進みそうです。

社会の過去の過ちが忘れ去られないように、義憤の炎を再燃させましょう。ただし、張り詰めた状況の中にあっても冷静さを見失わないこと。

太陽が双子座エリアを運行すると、頭の中に爽やかな風が吹き、思考がすっきりとしていきます。

この太陽に魚座エリアの土星(責任・制御)が厳しく繋がってくるので、情報過多の中でも現実的な視点を持つことが求められます。入ってきた情報にすぐに感化されないよう慎重に。頭の回転がスムーズになるときだからこそ、性急な判断は避けて、長考を心がけましょう。

また、4日には射手座エリアで満月(収穫)が起きます。この満月の起点(種まき)は昨年11月の射手座新月です。

新月では、世の中にある「大きな意志」が変わっていくのが遠くから感じられました。まるで海の潮目が変わるように、秘めた決意が個々の心の内側で燃え、それが寄り集まって大きな意志となっていたのです。

満月では、遠くに聞こえていた変化の音が近づいてきます。「大きな意志」に共感を覚え、遠大な理想への希望が膨らんでいきそうです。その希望自体が前に進む力になります。

また、昨年11月の射手座新月にアファメーションをしたことが叶っているのか振り返り、もし叶っていれば天に感謝するタイミングです。

5月22日〜5月28日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

音楽家・荒谷翔大

ソロの道を歩み始めたミュージシャン・荒谷翔大が着る〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉

着る / PR