Feel

3月6日〜3月12日 魚座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の魚座(2/19~3/20生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週、7日に土星が魚座エリアに入り、3年間の土星魚座運行期が始まります。

占星術では、土星は重苦しさや陰鬱さ、困難などを意味します。と同時に、真面目さや地道な努力も象意に持ちます。安全な建物を建てるにはしっかりとした基礎工事が必要なように、人生を形作っていく上では土星の堅実さも大切です。

これからの3年間、12星座それぞれに、コツコツと取り組むべき「土星魚座テーマ」の課題が出されます。

魚座のエッセンスは「信じる心/Believe」です。何を信じるかによって人生は変わります。また、個々の人生を集めた社会も変わります。

この世界では、多くの人から信仰されるものが価値を持ち、そのまま「力」を持つからです。例えば、お金や人気、宗教、正義などです。

情報ひとつとっても、ある人にはどんなに大嘘に聞こえてもそれを信じている人にとってはその「嘘」が「真実」なのです。また、信じる人が多ければそれだけで真実のように見えてきてしまいます。

それが普通だと思い、なんの疑いを持っていなかったことも、実は誰かに「信じ込まされていた」のかもしれません。周りに流されずに状況を違う視点から眺めてみることが、今週からの3年間の課題となります。

どうして自分はそれを信じるのか、冷静に考察することが求められるでしょう。また、自分がそれを信じることが社会にどうつながるのか考えてみること。

信じる心は力を持ち、世の中を良くも悪くも動かすものです。土星が魚座から呼びかけるのは、「信じる」という行為への責任です。

また、7日は乙女座エリアで満月が起きます。満を持して自分の意見を表明する、もしくは、我慢してきたことに耐えられなくなって不満を噴出させるようなイメージのある満月です。

内的葛藤の末、大きな変化が起き、今週がターニングポイントになる人も多いかもしれません。

また、昨年8月の乙女座新月にアファメーションをしたことが叶っているのか振り返り、もし叶っていれば天に感謝するタイミングです。

魚座の星模様

足腰強く

今週は、「白黒はっきりさせること」がテーマとして出てくるでしょう。意思表明をどのようにしていくのかで、開く扉が変わってきそうです。

7日からの土星魚座タームの3年間の課題は、「地に足をつけた大人になる」と「確固たる自信をつける」です(土星が運行するのは自分自身の場所である魚座エリアのため、土星は魚座にとって大きな存在感を持ちます)。

今までの土星水瓶座運行期で味わった苦しみを乗り越え、切磋琢磨してきたことを活かし、社会で頭角を現す時期でもあります。責任ある役割を任される人も多いかもしれません。

その中でも自分を信じ、他者を信じることが大きな課題となります。

「信じる」とは、受動的ではなく能動的な行為です。自分が信じたいから信じることを選んだのだと、忘れないように。

「自分が信じたいから、信じるということを選ぶ」 「信じるに値するモノだから、信じる」 「その人が、その人だということを信じる」。

信じていた「設定」が覆されたら裏切られたような気持ちになるかもしれませんが、それを信じた自分の責任も直視すること。

精神的なイニシアチブを取る場面も出てくるでしょう。周囲のことも考慮した、社会的な判断力を鍛えること。周囲のムードに流されない自分の軸(錨)を育てることも大切です。

7日の満月は、魚座にとって「人間関係・社交の部屋」、結婚やパートナーシップを表す場所で起こります。

相手の負担を減らそうと「どちらでもいい」と答えがちな魚座ですが、昨年8月の新月から「曖昧さをクリアにしていく」ことが大切なテーマになっていました。

この満月では、パートナーとの間にポジティブな嵐が起きるかもしれません。自分の選択を相手に丸投げしないという誠実さを持ち、意見をはっきり述べてスムーズに何かを選んでいくことができれば、素晴らしい絆を結んでいけるでしょう。

アオイヤマダと松丸契

【募集受付終了】アオイヤマダ×松丸契による、夢の一夜。〈BRUTUS NEW PERSPECTIVE NIGHT with AUGER〉に20組40名様をご招待

訪れる / PR