Feel

2月27日〜3月5日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

来週、土星が水瓶座エリアから魚座に入ります。

その直前の今週は、2020年から続いていた土星水瓶座運行のタームの総仕上げとなります。水瓶座は、社会意識、社会全員で見る未来、人道的なビジョンといったテーマを持ちます。

その星座に責任や試練を司る土星がいたため、今週までの3年間は、「私たちの未来はどうあるべきなのか」ということを問いかけられていました。

各星座それぞれがこの3年間土星からの課題を振り返る良いタイミングです。

土星は「試練・責任」のほか、偶然に出くわす「苦痛」や「困難」も紐づけられています。そこに教導的な意味を見出せば、苦しみから喜びや成功を生み出す錬金術となりえるのです。

また土星は「うわべだけ」の対応を許さない厳格さを持ちます。自然に解決することを期待して問題を放置したり、捨てるべきものに固執したりすると、土星が魚座に移った後も、社会が進む方向性を考えさせるようなニュースが出てくるでしょう。

また今週は幸運の星である金星(愛と喜び)と木星が重なり、嬉しいことがありそうです。

この2つの天体は12星座のスタートである牡羊座エリアを運行しています。「新しく始まる喜びと希望」が強く輝きます。ひとつでも灯りが増えるように、前向きな気持ちでいましょう。

世界は真っ黒でも真っ白でもなく、喜びも悲しみも、吉も凶も同時に存在しています。

すべてを抱えて進んでいく大きなうねりが発生しそうな週です。時代の境目にいると感じることがあるかもしれません。

獅子座の星模様

じっと見つめて

今週まで土星が運行しているのは、獅子座にとって「人間関係・社交の部屋」。パートナーシップにも関わる場所です。

そのため、土星水瓶座エリアが終わるこのタイミングのまとめテーマとしては、人とのつながり方が出てきます。

孤独や人からの拒絶を乗り越えられたか。それから、堅実なパートナーシップの構築ができているかどうか。

それは、他者を通じて自分を学ぶことの確認でもあります。自分と向かい合って見える他者は、実は「土星が設置した鏡に映る自分自身」なのです。

目の前の相手は敵でも味方でもなく、ただ自らを内なる探索へと誘う存在です。この3年間でそう気付けていたかどうか、振り返ってみましょう。「他者は自分の鏡」という納得があれば、土星の期待に応えられたと言えるでしょう。

2日は、金星と木星が牡羊座エリアで重なり、「幸運の鐘」が鳴り響きます。旅行運が高まり、喜びに溢れた旅に恵まれそうです。何かを調べに出かけるのも良いでしょう。

3日に水星(言語・コミュニケーション)と土星が水瓶座エリアで重なります。

家族や仲間とスムーズなコミュニケーションがとれるときでもあり、大切な話を真面目にするようなこともあるかもしれません。

同日に水星は魚座エリアへと移動します。それにより、少し遠い場所まで出かけたくなりそうです。また、直観的洞察力が高まってきそうです。

横から見たBMW iX2/X2

写真家・三部正博が切り取る、「BMW iX2/X2」のある風景

運転する / PR