Feel

1月23日〜1月29日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週に溢れる疾走感。調和的な天体の繋がりが3つあります。1つ目は太陽と木星(成長・拡大)、2つ目は太陽と火星(意欲・勇気)、3つ目は水星(知性と言語感覚)と天王星(改革・刷新)です。

その配置により、平和的で活気のあるパワーが訪れ、全体的に好調な週です。

開拓力や刷新力が加速し、「理想的な社会」について様々な場所で提案や計画が語られそう。中には突飛な意見もあるかもしれませんが、賢者の集会のようなイメージがあります。

牡羊座にいる木星は「自分自身を信じる」ことを促し、「今すぐ動く」「自分から動く」ことが大事になります。チャンスを積極的に掴みに行くことで、木星の持つ「幸運を大きく育てる」パワーを活用できます。

太陽が水瓶座エリアを運行し、「独自の見解」「多様性の容認」「客観的で俯瞰的な判断」などの要素が強まっていきます。考えをすぐに実行に移し、決断を下していくことも求められそうです。

太陽と火星のハーモニーによって、臆せずに自分の意見を表明していける空気に。前向きな議論が展開されそうです。

23日に、天王星が順行に(今週中は同じ場所に留まって見える「ステーション」状態)。

27日には、金星(愛と喜び)が魚座エリアに入り、うっとりと寛ぎだします。

天体にはそれぞれ【高揚】といって、「特別に嬉しくなる」「過剰に贔屓される」サイン(星座)のエリアがあります。金星にとっては魚座エリアがこれに該当します。

ここで、金星は他の天体と繋がることもせず、ひとりで夢に浸っている状態になります。週後半は、世の中の荒波や変動から切り離されたオアシスのような雰囲気が広がります。

29日、月(ムード・心)と、天王星、水星との調和的繋がりは、「大きなメッセージ」「より良く変革するためのアイデア」をもたらします。

社会と自分とを分離して考えるのではなく、その「あいだ」で気がつくものやわかるものがありそうです。身体や実生活から導かれる答えが世界を変えるのかもしれません。

蟹座の星模様

そろそろ上を目指しても

チームワークを謳う標語「一人はみんなのために、みんなは一人のために」は蟹座的であると言えます。

今週、蟹座の人は、牡羊座エリアを運行している木星とは刺激を受ける関係になります。そのため、「自分(牡羊座的)」と「みんな(蟹座的)」のバランスを取るのが難しい場面が多いかもしれません。

単独で出過ぎた行動はしたくないと思いつつ、それでも自分が前に出ていかねばならないという葛藤がありそうです。

今週、木星と、水瓶座エリアを運行する太陽が調和的に繋がり、大切な仕事を継承するようなことがありそうです。新旧交代の引き継ぎかもしれません。

さらに太陽と火星もハーモニーを奏で、自分の奥底に眠っていた野心がむくむくと大きくなりそう。やる気を誰にも見せずに秘密にしておくことで、3月に活動的になるエネルギーが溜まりそうです。出世を狙い始めても良いでしょう。

27日に金星が入る魚座エリアは、蟹座にとって「遠方への旅」「ここではないどこか」「体系的な叡智」を意味します。【高揚】している金星は根拠のない夢をとめどなくみせたり、現実逃避として非日常へ誘うかもしれません。

仕事のストレス解消でゲームに没頭したり、好きなタレントをみて癒やされたりするのは良いことですが、制限をしないと時間がどんどん溶けていきます。

29日に、月と天王星が重なり、水星とコンタクトを取ると、知人の紹介(もしくはアプリなど)でグッとくる相手にめぐりあえるかもしれません。いきなり深入りしないで、スマートで爽やかなコミュニケーションを心がけると吉です。

編集者・竹村俊助

編集者・竹村俊助が、それでもニュースを購読する理由

読む / PR