Feel

Feel

感じる

12月26日〜1月1日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の水瓶座(1/20~2/18生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「技術の進歩は生活のテンポを速め、人々の時間を奪い取る。貿易取引の増加、物や人の移動の増大は、匿名化を促進し、地域共同体を解体していく。西洋ではこうした動向には『開発』というよりも、『進歩』というレッテルが貼られる。」
──『懐かしい未来ーラダックから学ぶ』ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ


占星術の「ホロスコープ」とは、円形(360°)の空を12のサイン(星座)で均等に区切ったものです。360°÷12=30°なので、ひとつのサイン(星座)は30°の幅(エリア)を持ちます。

山羊座全体には「集団を統率して、実利を追求する」という象意があります。

今週、太陽は山羊座エリアの5°〜11°を移動し、このエリアには「共同体に骨をうずめるかのように全身で奉仕する」という意味がつけられています。

太陽は、牡牛座エリアを運行する天王星(改革・刷新)と調和的に繋がります。

山羊座と牡牛座は「地のエレメント」に属し、「お金(財産)」に深く関与しています。この2サイン(星座)の組み合わせにより、政府から、新しく財産(税金)に関する政策案が打ち出され、(国民の反対があろうとも)推し進めていこうとするかもしれません。

29日に水星(情報・コミュニケーション)が逆行を開始し、2023年1月1日には山羊座エリアで金星と冥王星が重なります。

すると、今まで体制に従順であったのが、疑問を抱くように。形の見えない「みんな」の欲望を自分自身の欲望のように思っていたこと、顔の見えない誰かの思惑に踊らされていたことに気づき、少しずつ解放される空気が満ちていきます。

今の構造とは別に、オルタナティブな社会の仕組みが自然発生的に表れる気配。

既にある民間の子供食堂やフードバンクのようなものがもっと大きく育ち、困窮している人がたくさんいることが可視化されるかもしれません。社会に必要な公的援助や税金の使い方について、多くの人が注目することになりそうです。

水瓶座の星模様

痛みを直視する

先週に引き続き、多くの天体が山羊座エリアにあります。

水瓶座にとって山羊座エリアは「奉仕と犠牲、溶解と解放の部屋」であり、集合無意識や隠れた敵がいるような場を表します。「敵」とは、自分の心が投影された自分の分身であると考えることもできます。

秘密にしたいものが詰まっている場所です。

山羊座は社会的規範を守ろうとし、保守的です。「抑圧と陰鬱」を司る土星を支配星に持ちます。

水瓶座は「古いものを壊し、改めてルールを敷いていく」改革の天体である天王星を支配星に持ちます。アナーキズムは水瓶座のものです。

山羊座エリアに天体が多く運行している間、水瓶座は、葛藤が多くなりそうです。ある社会に所属するということは、その社会がもたらすマイナス面も受け継ぐことになります。

未来志向で博愛的、人権意識が高い水瓶座は、今週、そこに痛みやもやもやを感じることになりそうです。

今できる限界を見つつ、未来を良くするために、しっかりとネガティブな要素にも目を向けるタイミングになります。

先週に引き続き、木星(成長と拡大)は水瓶座にとって「コミュニケーション・言語の部屋」を運行しています。

身近な場所での初学者的なレッスンを受けたり、多くの人とカジュアルに交流したりすることで幸運が訪れそうです(2023年5月まで同エリアを運行するので、半年間のレッスンも吉)。

29日から逆行する水星は魚座エリアを運行している海王星(夢やスピリチュアリティ)と調和的に繋がります。今までとは違う方法で経済的な豊かさを追求したくなるかもしれません。

過去に話のあがった事業計画や仕事が、もう一度持ちかけられるようなことかも。しかし、しばらくすると立ち消えたり、もしくは内容が変わったりするので、ひとまずは保留にしておくと良さそうです。

AUGER presents GOOD STYLE for Mr. BRUTUS かっこいい大人は、“整え方”を知っている。vol.3 ミュージシャン・ermhoi

AUGER presents GOOD STYLE for Mr. BRUTUS かっこいい大人は、“整え方”を知っている。vol.3 ミュージシャン・ermhoi

整える / PR