Feel

雨宮零の改運指南:「火行」が強まる6月は、人気運上昇のチャンス

「改運」とは、古来の中国の発想に倣ったもので、運は、良くも悪くも改まっていくという考え。どうすれば、運を良くする(開運する)ことができるのか、占い師・雨宮零さんが日常で使える改運法を伝授。前回の「運の変化を評価する『目』を養う」を読む。

edit: Motoko KUROKI

連載一覧へ

改運と開運


「改運」とは、自分が持つ運を改めること。ポジティブな変化もネガティブな変化も自らの行いによって起こり得る。例えば、髪や服に嫌な臭いがついたら運気を下げることになる。逆に、いい香りを身につけることで、運気は上昇する。この連載では「改運」のなかでも、運を良い方向に改めることを「開運」と呼ぶ。

今月の時勢

6月は「偶然の出会い」といったキーワードにまつわる出来事がありそう。これは人間関係だけでなく、モノやコトも含みます。偶然の出会いによって新しい人生や自己を見出すことができるでしょう。また、新しい人、モノやコトとの出会いは別離のはじまりでもあります。しかし、この時期に起こる別離はポジティブな意味合いが強いので、あまり心配しなくても大丈夫。予期しないことを楽しむ気概で過ごしましょう。ただし、男女問わず、「女難(色恋沙汰だけでなく、女性が関わる難事)」には注意が必要です。

前回の「運の変化を評価する『目』を養う」を読む。

五行説の考え方を使って名誉運や人気運を上げる

五行説(ごぎょうせつ)とは「5つの状態が循環している」という考え方です。この「行」は「いく」ではなく「巡る」という意味で、5つとは「木行・火行・土行・金行・水行」です。

東アジアに住んでいる人にとって、「巡る」という言葉から真っ先に思い浮かべられるのは季節の巡りでしたので、「春の芽吹き」をもって木行とし、「夏の暑さ」をもって火行としました。

そして、「秋は冷えて固まるところ」をもって金行とし、「冬の寒さや冷たさ」をもって水行としたのです。土行については次回のコラムにて記載しますが、十二支も「干(かん)」もその5つのいずれかに該当します。

2022年を占い的に表現すると「壬寅(みずのえとら)年」、6月を占い的にいうと「丙午(ひのえうま)月」になります。

寅年や午月くらいであればご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、占いによっては十二支の上にある10種類の「干(かん)」も一緒に考えます。これが十干(じっかん・じゅっかん)と呼ばれるものです。

先ほどの五行説で考えると、壬は水行、寅は木行、丙と午は火行になります。

今回のコラムで使う占いでは、干同士、十二支同士は組み合わせによっては化学反応のようなものが起きると考えます。

専門的過ぎるため説明は省略しますが、6月においてはその反応が起こったため、寅が木行から火行に変化することになります。

つまり、2022年の6月は、とても火行の気が強い状態になっているのです。

今回はこの火行のエネルギーを使った、名誉運や人気運を上げる開運法のご紹介です。

具体的には、【6月14日の1〜22時までの間】に普段使っている手帳やノートに植物の写真を挟むだけ。ここでの注意は、花よりも葉がメインになるような植物の写真を選ぶこと。

この日は月内でもさらに火行エネルギーが強くなる日であり、この行動が開運法となり、名誉運や人気運をアップさせることができるのです。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈サウスマックス〉

「塩の味は海の味」。鹿児島・佐多岬で釜焚きの塩「楽塩」を作る〈サウスマックス〉

訪れる / PR

連載一覧へ