Feel

Feel

感じる

雨宮零の改運指南:運は「出会い」の形で現れる。引き寄せる鍵は「香り」

「改運」とは、古来の中国の発想に倣ったもの。運は開くのではなく、良くも悪くも改まっていくという考えのもと、占い師・雨宮零さんが日常で使える改運法を伝授。前回の「活躍の『場』につながる『運』を呼ぶには、おでこを意識」も読む。

Edit: Motoko KUROKI

11月は少々厳しい時勢のとき。ただし、ヤケを起こしたり、くさってはいけません。「苦難のときにこそ、自分の真価が問われる」と未来に備えることが大切。特に体調不良、そして色難に注意をしながら、志を大切にすること。今月は「場」と「運」についてお話しします。

くさい人は運が悪い?占い的に「縁」をたとえると「香り」につながる。

今回はもう少し運について踏み込んだ話をしましょう。

前回のコラムで「場」を得ることの大切さは分かっていただけたと思いますが、この「場」と自分を結びつける「運」は、どういう形で現れるのかをお話しします。

この「運」とは、多くは「出会い」という形で現れます。運の本質とは、努力や能力の延長線上にあるものではなく、「出会い」なのです。

自分の能力を活かしてくれる会社に入社をする、一緒にいて幸せな気持ちになる人と出会う、適切なアドバイスをくれる上司のおかげで出世する、お金につながる話や人間関係ができる……と、それはいろんな形となって私たちと「出会う」のです。

つまり、運とは、様々な時やもの、そして人との出会いであり、めぐりあいなのです。これを「邂逅」といい、別のいい方で表現すると「縁」といえます。この縁が変わる方法として、とても大切な要素のひとつは「香り」です。

率直にいいますと「くさい人は運が悪い」のです。

占い的な言葉で「縁」をたとえるなら、「巽(そん)」というものになります。巽の代表的な象意(象徴するもの、意味)は「風」であり、風によって運ばれるもの一切も表しています。これを転用したものとして「香り」があるのです。

つまり、この巽の表すものである「香り」が、縁をコントロールするのにもっとも効果的であるといえるのです。よい香りは、良縁を。よくない香りは、悪縁をつなぐことになります。清潔にするのは、大人のマナーとして大切な事柄ですが、運を上げたいという人は、より香りに気を使ってみてくださいね。