Wear

Wear

着る

北海道〈WAKE.〉札幌に新しい風を吹き込み、行列を作るニューショップ

地方のセレクトショップがますます面白い。ブルータスが主観で絞り込んだ、とっておきのお店をご紹介します!

Photo: Daisaku Ito / Text: Shigeo Kanno

札幌に新しい風を吹き込み
行列を作るニューショップ

日本有数の観光地・札幌には、名の知れたショップが数多くある。そんなファッションタウンにおいて、今最も勢いのある店が〈ウェイク〉だ。

札幌の人気店〈アンプラグド〉で長年マネージャー兼バイヤーとしてシーンを盛り上げてきた小俣弦也さんが独立し、2019年に開店。瞬く間に話題となり、新作発売日には行列ができ、別注をかければ全国から問い合わせがやまないという。

ここまで注目を浴びる店が、全国にどれだけあるだろうか?

北海道〈WAKE.〉
店舗は雑居ビルの3階にあり、多い時でビルの外まで列ができるのだとか。

だが、その商いは実にオールドスタイルだった。

「ECもHPもなく、通販を受けていない商品も多くて……。ありがたいことにSNSを見た方から連絡をもらうんですが、店頭のお客さんを大切にしたくって」

セレクトの面でも、札幌にフレッシュな風を吹かせている。

「うちで扱っているのは、まだ札幌になかったブランドがほとんど。洋服好きの間でひそかに人気があるものや、知り合いのブランド、それらと一緒に作る別注が軸になっています。あと札幌の店であるという点も意識していて、例えば、市内の他店ではコートの取り扱いが多いのですが、うちはダウンに力を入れています。スウェーデンのアブガルシアやイギリスのモンテインなど、日本では珍しいブランドを積極的に買い付けています」

“あの店に行ってみたい”。そう思われる店を作りたい、と語る小俣さん。実際に全国からここを目当てに札幌に訪れる人もいるというから、さすがである。北の大地からシーンを賑わせる〈ウェイク〉の動向は見逃せない。

北海道〈WAKE.〉
大きな窓から自然光が差し込む店内。
北海道〈WAKE.〉
元カメラマンの小俣さんがセレクトした写真やアートの販売も!