Eat

Eat

食べる

BRUTUS.jpで2022年上半期に最も読まれた「学ぶ」の記事 BEST5

気がつけばもう今年も半分が経過。2022年上半期BRUTUS.jpではどんな記事が人気だったのか、ジャンル別にランキング形式で発表。知らないことを知る愉しみ。「学ぶ」にまつわる5記事を紹介します。

1位:恋とは何か?上野千鶴子×古市憲寿「恋は人間の根源的な欲求なのです」

社会学者 上野千鶴子

社会学者の上野千鶴子さんと古市憲寿さんが久々にオンラインミーティング。2人は、社会学徒として先輩・後輩であり、共著も出版している気の置けない仲。古市さんが上梓した“ボーイズラブ”的恋愛小説『アスク・ミー・ホワイ』を肴に、「恋とは何か」を語り合いました。

2位:最近恋してないあなた、もしかして「男らしさ」をこじらせているかも?文筆家・清田隆之と漫画家・谷口菜津子が考える

イラスト化した文筆家の清田隆之

自分の趣味バナはマシンガントーク、でも女性の話は聞かない。「恋人だから」と平気で不機嫌さや感情の波を出す。男性優位社会にあぐらをかいた男たちに女性は愛想を尽かし始めた!?一方、若者たちは「男らしさ」の呪縛から抜け出し、人と人として女性と向き合いつつあります。最近恋してないあなた、もしかして「男らしさ」をこじらせているかも!?

3位:“行きつけ“を作るための10ヵ条。年間外食数600超えの食ジャーナリスト、マッキー牧元さんが指南

タベアルキスト、食ジャーナリスト・マッキー牧元

大人のたしなみをはじめる。味の違いがわかる。独特の作法を知る。こだわりの一品を持つ。大人の遊び方や、心得ておきたいマナーを知り、魅力ある大人をはじめたい。それぞれの道を熟知した方々が、とっておきのはじめ方を教えてくれた。

4位:かまいたちを下支えする、構成作家・森下知哉の幅広すぎる仕事

構成作家森下智哉とかまいたち

「TVの企画や、芸人のネタを考える人」と漠然としたイメージしかない、“構成作家”という職業。果たしてその実態は?人気お笑いコンビ・かまいたちの番組やライブを手掛ける構成作家、森下知哉さんが考える作家の仕事とは。

5位:ねこ評論家・猫組長に質問。お金を何に使いますか?

タンス貯金 イメージイラスト

ふと天から降ってきたお金。自由に使っていい、と言われたらどうする?、金額別に使い道を聞いてみました。他愛のない遊びですが、その人の価値観の本質が見えてくるような気も。あなたなら何に使いますか?