Visit

アート『二重のまち/四つの旅のうた』小森はるか+瀬尾夏美:やさしい気持ちになれる、心がふっと温かくなる珠玉の名作選Vol.29

私たちは日々、いろいろなやさしさ”をもらっている。心がふっと温かくなる、映画から小説、音楽、マンガ……珠玉の名作選。人と人の“つながり”には、誰かにやさしくなれるヒントがある。「やさしいとき40」の一覧はこちら

Text: Emi Fukushima, Daisuke Watanuki, Saki Miyahara

「非当事者」で溢れる未来に
震災の記憶を受け継ぐために

アート『二重のまち/四つの旅のうた』小森はるか+瀬尾夏美
《二重のまち/四つの旅のうた》2020年 インスタレーション 提供:東京都写真美術館 撮影:才木暢宏

2011年の東日本大震災を機に共に活動を始めた、映像作家の小森はるかさんと画家で作家の瀬尾夏美さん。

震災後、嵩上げ工事を経て様変わりした岩手県陸前高田の「まち」を、当事者ではない4人の旅人が訪れ、瀬尾さんが2031年の陸前高田を描いた物語『二重のまち』の朗読を試みる。

当事者から話を聴き、自らが語り直す過程で、彼らは自分たちの立場と葛藤する。事実をそのまま記録するのではなく、表現を介して少し先の未来を想像することは、当事者の目の前にある痛みを引き受け、和らげようとする、やさしさでもある。

談・田中みゆき