Listen

Listen

聴く

音楽「Serotonin」 girl in red:やさしい気持ちになれる、心がふっと温かくなる珠玉の名作選Vol.12

私たちは日々、いろいろなやさしさ”をもらっている。心がふっと温かくなる、映画から小説、音楽、マンガ……珠玉の名作選。やさしい気持ちになれる、やさしさがわかる、あの人たちの“ことば”。「やさしいとき40」の一覧はこちら

Text: Emi Fukushima, Daisuke Watanuki, Saki Miyahara

苦痛を共有し、誰かを救う
Z世代のアーティストの
勇気ある告白を歌詞に

漠然とした不安に取り憑かれたとき、Z世代の音楽家の楽曲を聴くと気持ちが楽になる。それは“かれら”がメンタルヘルスやジェンダーなどをテーマに現代社会における「軋み」や「変化への意思」をリアルな言葉と音で形にしてくれているからだと思う。

ノルウェー出身の22歳、girl in redことMarie Ulvenの楽曲「Serotonin」は、混乱した状態にある自身のコントロールをなんとか取り戻そうともがくさまを赤裸々に描いている。精神的な不調を告白するのは勇気がいること。でもそれは同じ悩みを共有する誰かを暗闇から救い出すきっかけにもなり得る。

自分自身を愛することは他人を救うことにもつながっていくのだ。

毎日壊れていく
でも私を救えるのは私だけだから
黙って受け入れるよ
ガキみたいに泣き叫んで

「Serotonin」より

文・小田部仁