Listen

Listen

聴く

音楽「Making Love」 宇多田ヒカル:やさしい気持ちになれる、心がふっと温かくなる珠玉の名作選Vol.10

私たちは日々、いろいろなやさしさ”をもらっている。心がふっと温かくなる、映画から小説、音楽、マンガ……珠玉の名作選。やさしい気持ちになれる、やさしさがわかる、あの人たちの“ことば”。「やさしいとき40」の一覧はこちら

Text: Emi Fukushima, Daisuke Watanuki, Saki Miyahara

別離の悲しさよりも
相手の幸せを願う
穏やかで静かな休日

宇多田ヒカルの4thアルバム『ULTRA BLUE』

昔から宇多田ヒカルの曲を聴いていると、頭の中に何かしらの情景が浮かぶ。

アップテンポな曲調に乗せて、休日の昼間のワンルームで、主人公が誰かのことを考えている静かな時間が脳裏に浮かぶのがこの曲だ。印象的なのは、引っ越してしまったその誰かとの別れを惜しむ悲しさや寂しさよりも、相手のこれからの幸せを真っすぐに願っているような歌詞。

そして最後に出てくる“私を慈しむように〜”のフレーズからは、「別離は事実だけど、記憶が自分を慈しんでいるから大丈夫」と伝えるようなやさしく強かな別れのメッセージを感じる。メロディの向こう、そっと流れる2人だけのピアノ曲を想像させる。

談・ミヤギフトシ