Eat

Eat

食べる

今日のギフト:〈一芳亭 本店〉のしゅうまい

あの人の笑顔が見たい。お世話になっている友達や家族、恋人に贈りたい、ちょっと楽しいプレゼントを毎日紹介。前回の「〈ソラキューブ〉のアクリルオブジェ」も読む。

photo: Shu Yamamoto / text: Yoko Fujimori

連載一覧へ

点心好きのあの人へ
普遍的おいしさ、「黄色い皮」の名作

〈一芳亭 本店〉のしゅうまい

1933(昭和8)年創業、大阪・難波に店を構える〈一芳亭〉。中国料理をルーツにした「華風料理」が長年愛され、その代表的メニューが黄色い皮のしゅうまい。小麦粉が入手困難だった戦後の時期に、先代が苦心のすえ薄焼き卵を代用したのが始まり。今もその製法は変わらず、薄焼き卵で包まれた姿が何とも愛らしい。

そして、もう一つの特徴が淡路島産タマネギ。ふんわりとした口触りのしゅうまいは、噛むほどに豚肉とエビのうまみとともに、タマネギの甘みがじんわりと広がる。素朴でシンプル、しかし余計なものを使っていないからこそ、何個食べても食べ飽きない。ノスタルジーだけではない、しゅうまいの名品だ。

しゅうまい 15個入り1,100円(からし3包付き)。ほかに20個入り1,450円もあり。

連載一覧へ