Eat

Eat

食べる

今日のギフト:〈福光屋〉の三年熟成 福みりん

あの人の笑顔が見たい。お世話になっている友達や家族、恋人に贈りたい、ちょっと楽しいプレゼントを毎日紹介。前回の「〈アウトドアプロダクツ〉のロールボストンバッグ XS」も読む。

photo: Shu Yamamoto / text: Yoko Fujimori

連載一覧へ

料理上手なあの人へ
まろやかさが際立つ“本物の”熟成みりん

〈福光屋〉の三年熟成 福みりん

創業は1625(寛永2)年、金沢で最も長い歴史を刻む酒蔵〈福光屋〉。蔵で培われた米発酵技術を活かした糀甘酒や調味料も広く知られ、その看板商品の一つが「福みりん」。石川県産もち米と契約栽培の「フクノハナ」を使用し、原材料は蒸したもち米と米麹、自家製米焼酎のみ。糖類などの添加物は一切不使用の、正真正銘の「純米本みりん」だ。コクがありながらキレのいい澄んだ甘みはその証し。

こちらはその「福みりん」をさらに3年以上熟成させたエクストラバージョン。濃厚かつまろやかな甘みとふくよかな香りで、煮物、焼き物に使えばうまみが深まり、美しいテリと艶を生む。料理の「格」がグッと上がる、頼もしい一品。また、リキュールとしてロックやソーダ割りにしても美味。

三年熟成 純米本味醂 福みりん 720mL(化粧箱入り)1,650円 。ほかに純米本味醂 福みりん 720mL 968円もあり。

連載一覧へ