Eat

Eat

食べる

今日のギフト:〈ウシオ チョコラトル〉のタブレットチョコレート

あの人の笑顔が見たい。お世話になっている友達や家族、恋人に贈りたい、ちょっと楽しいプレゼントを毎日紹介。前回の「〈ハイランド 2000〉のフード付きマフラー」も読む。

photo: Shu Yamamoto / text: Yoko Fujimori

連載一覧へ

チョコマニアなあの人へ
チャーミングな六角形ビーン・トゥ・バー

〈USHIO CHOCOLATL〉のタブレットチョコレート

広島県尾道市、その対岸に浮かぶ向島に工房を構えるチョコレートメーカー〈ウシオ チョコラトル〉。ラインナップはガーナ、グアテマラ、台湾、ベトナムといった産地別カカオで作るシングルオリジンのほか、柑橘や薄荷、生姜など日本各地の素材を合わせたブレンドシリーズなどが常時10種類以上。

「カシューホワイト」は、乳製品を使わないヴィーガン対応のホワイトチョコレートで、原材料はグアテマラ産カカオから抽出したカカオバターとバリ産の有機脱脂カシューナッツ、そしてブラジル産オーガニックシュガーのみ。滑らかでスルリと軽い後口は、ホワイトチョコレートが苦手な人もトライしてほしい新発見的なおいしさだ。

「柑橘ブレンド」は、グアテマラのカカオに地元・向島産の乾燥温州蜜柑とローストアーモンドを合わせたまさに“瀬戸内フレーバー”な一品。ヘキサゴン=六角形のタブレットや、フレーバーごとに国内外のアーティストが描き下ろすパッケージにもワクワクする。一口齧れば、作り手のカカオ愛と素材へのパッションが伝わってくる!

カシューホワイト1,296円
柑橘ブレンド1,296円

連載一覧へ