Love

珍奇植物。人気が高まり、様々な選抜品種が登場しているアガベ

これのどこがいいの?なんて野暮な質問はお断り。知って納得、育てて驚愕の超特級品ばかり。珍奇中の珍奇が集まりましたよ。コレ、欲しいなぁ。

Photo: Junzo Hongo, Tetsuya Ito / Text: Shogo Kawabata

アガベ〈Agave〉とは

中南米を中心に広がるアガベ〈Agave〉。テキーラの原料としても有名な植物だ。“センチュリーフラワー”とも呼ばれるように、めったに開花せず、花が咲くと枯れてしまうものが多く、基部に子株を出す。日光を好み、乾燥にも強いため、栽培しやすい。夏の高温はもちろん、冬でも0℃近くまでは耐えるものが多い。しかし、冬は断水気味に管理しよう。

アガベ アルボピローサ

2007年に記載されたばかりのメキシコの新種アガベ。葉先に白い毛の房をつける不思議な姿は、発表された当時、大きな話題となった。アステカ渓谷の垂直に切り立った崖に張り付くようにして自生している。

アガベ(アルボピローサ)
アガベ アルボピローサ〈Agave albopilosa〉

アガベ ポタトルム ‘エレファント’

メキシコ原産のポタトルムの中でも、特に幅広肉厚な個体を選抜した品種。よく似たマルモラータ’パピリオ・プラタノイデス’の名前で流通しているものとは別種とされるが、詳しくわかっていない。

アガベ(ポタトルム)
アガベ ポタトルム ‘エレファント’〈Agave potatorum ‘Elephant’〉

マンフレダ ウンデュラータ ‘チョコレート チップス’

かつてマンフレダ属として独立していたが、近年はアガベに統合されることが多い、メキシコ産の球根性アガベ。この’チョコレート チップス’という品種は、特にうねりが強く、ドット柄が濃い。

アガベ(マンフレダ ウンデュラータ)
マンフレダ ウンデュラータ ‘チョコレート チップス’〈Manfreda undulata ‘Chocolate Chips’〉

アガベ ティタノタ

古くから親しまれる種ながら、最近人気が再燃しているティタノタ。フェリペ・オテロ氏によってメキシコのシエラ・ミクステカで発見された ’FO−076 Sierra Mixteca’ と呼ばれる系統は鋸歯が大きい。

アガベ(ティタノタ)
アガベ ティタノタ〈Agave titanota ‘FO-076’ Sierra Mixteca〉