みんなで集まる場所のつくり方。居住空間学 再生編

ブルータス No. 875 みんなで集まる場所のつくり方。居住空間学 再生編
ブルータス No. 875 みんなで集まる場所のつくり方。居住空間学 再生編

今、人が集まる場所は再生物件。

2018年8月1日

食う、寝る、遊ぶ、学び、育ち、働き、何かが始まる。人が集まる場所では、いつも新しいアクションが起きています。空きビルや工場跡、そして廃校――日本、そして世界には、今は使われなくなってしまった、しかし視点を変えればスケルトンで使い甲斐のある、安くて贅沢な箱がたくさんあります。この特集は、人が集まる場所への案内であり、スペース再生のガイドブックであり、地方創生のリ・ブランディングブックです。