古着好き。

日本は世界も羨む古着天国です。憧れの時代を着る、生きる。

2016年5月16日 662円

大量生産の時代にあって、一点モノに巡り合い魅力され、憧れの一着を探す楽しさを味わうことのできる古着。無類の古着好きたちの話を聞き、時代の目利きたちが仕掛ける動きを追いました。 いま一度、古着が持つ魅力を見直します。